新入社員が陥りやすい6月病~うつ症状の原因と対策

みなさんは6月病をご存じでしょうか?
5月病という言葉はよく耳にしますが、最近では6月病の方が増えているそうです。
5月病も6月病も医学的には『適応障害』と呼ばれ4月から新しい生活を始めた新入生や新社会人、主婦の方までも環境に適応できずに心身ともに不調が現れる病気です。

そんな6月病について詳しく調べてみました。





6月病の症状

6月病は様々な症状を発症します。
以下のような症状が気になるようであれば6月病かもしれません。

●夜眠れない
●疲れがとれない
●イライラしやすい
●気分が落ち込み引きこもりがちになる
●食欲不振
●原因不明の便秘や下痢
●情緒不安定
●めまいや頭痛

このようなうつ症状が6月頃に訪れるのが6月病です。
以前はゴールデンウイーク明けに発症することが多かったので5月病と呼ばれていましたが、最近の企業は研修期間を長めに設定している所が増え、このうつ症状が5月から6月へと移行しているようです。
また5月病を何とか乗り越えたものの、やはり環境に適応できずに5月病が重症化し6月病になる方も増えているようです。

6月病になりやすい人

でもたくさんの新入社員や新しい生活を始めた方がいるにも関わらず、6月病になってしまう人とそうでない人がいるのでしょうか?

6月病になりやすい人には共通点があるようです。
あなたは当てはまることはありませんか?

●真面目で几帳面
●完璧主義で負けず嫌い
●人に何か頼まれても断れない
●失敗を気にしたり責任を感じやすい
●ネガティブ志向
●ストレス発散する趣味などが少ない

「6月病は怠け病だ!」なんて言われてしまう事が多いですが、発症するのは根が真面目な人たちなんです。真面目だからこそ考え込んでストレスを溜め込んんでしまうために心と体が疲れてしまいうつ症状が現れてしまうのです。



6月病を克服するには?

では6月病になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

一番はストレスを溜めない、ストレスがたまったら発散する方法を身に着けることですが、それがとっても苦手でクヨクヨ考え込んでしまうのでしょう。

ではどんな方法で克服すればいいのでしょうか?

①相談相手を見つける
自分一人で抱え込むのが一番よくありません。信頼できる友人や職場の先輩に相談してみましょう。話を聞いてもらえるだけでずいぶん楽になるものです。ただここで重要なのは相談相手をきちんと見極める必要があります。お説教をしたがる人に相談してもさらに心が疲れてしまいます。

②規則正しい生活、バランスのよい食事を心がける
ストレスが溜まるとどうしてもお酒を飲みすぎたり、夜更かししてしま事が多くなるかもしれません。しかしそれはとっても逆効果です。
睡眠時間をたっぷりと取り、バランスのよい食事を心がけましょう。

③太陽に当たる
少し早起きして太陽に当たる時間を作ることもお勧めです。
うつ状態の時には脳内の幸せ伝達物質であるセロトニンが不足しているため
太陽に当たることによりセロトニンを作りだすことができるのです。
また体内時計もリセットされ睡眠のリズムも安定してきます。

それでもだめなら・・・

それでもダメな時にはちゃんと病院へ行って治療しましょう。
心療内科や精神科はどうしても敷居が高く感じてしまいがちですが、症状に合わせた薬を処方してもらえます。
せっかく手に入れた新しい環境をもう辞めてしまいまいたい・・ってなる前にきちんと治療してしまいましょう

 

【関連記事】

梅雨になるとひどくなるPMS(月経前症候群)の原因と対処方法

梅雨に起こりやすい不眠症の理由と睡眠薬に頼らない改善方法

梅雨の疲労回復に効果のある梅干し!1粒で美肌やダイエットにも




コメントを残す