父の日はいつから始まったのか?その由来に迫る!

2017年も、もうすぐ父の日です。
父の日は毎年6月の第3日曜日で今年の父の日は6月18日です。

でも父の日ってそもそもいつから始まったのでしょうか?
またそれは日本だけの風習なのでしょうか?

とっても気になります。

今回は父の日の由来について調べてみました。





父の日の始まりについて

父の日はもともとアメリカから始まりました。
その起源は1910年にジョン・ブルース・ドッド婦人という人が提唱したことがきっかけです。
彼女の父親は南北戦争の際に戦場へと召喚されたため母親が6人の子供たちを一人で育てていました。
その結果、体を壊した母は亡くなってしまいました。
その後戦場から戻った父は再婚もせずに男で一つで6人の子供を育ててくれ、全員を成人させた後に亡くなりました。
ジョン・ブルース・ドッド婦人はそんな父に感謝する日が必要だと考え提唱したのです。

そして1916年頃にはアメリカ全土へ広がり、正式に毎年6月の第3日曜日が国民の記念日となったのは1972年のことでした。

日本での父の日の広がり

日本で父の日が広がり始めたのは1950年頃になります。
しかしまだまだ認知度は低く、デパートなどの販売戦略などで一般的に知れ渡ったのは1980年代頃になります。

その後幼稚園や小学校などでも父の日が近くなると似顔絵やメッセージカードを書いたり当たり前の行事になっていきました。





父の日のプレゼント

母の日にはカーネーションを贈るのが一般的ですが、父の日にも決まった贈り物はあるのでしょうか?

アメリカではジョン・ブルース・ドッド婦人が父親の墓前にバラの花を供えていたことからバラの花を贈る風習があるそうです。

日本ではネクタイやお財布など様々なプレゼントを贈っていて特に決まったプレゼントというものはありませんが、イエローリボン賞などで有名な日本ファーザーズデイ委員会が黄色いリボンを父の日のシンボルとしています。

父の日に感謝を込めて黄色いネクタイやお洋服などをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事 】

2017年父の日におすすめ!お父さんが喜ぶ人気プレゼント特集!

2017年クールビズの期間はいつからいつまで?清潔感のある服装とは




コメントを残す