これで解決!梅雨の広がってまとまらない髪の毛の対策

今年もそろそろ梅雨入りです。
この時期になると朝しっかりとブローしても、職場について鏡を見たら髪の毛が大爆発していてびっくり!なんてことありませんか?
梅雨の時期は湿気で髪の毛が広がったり、うねったりとても憂鬱です。

今日は女性の大敵である梅雨の時期の湿気対策を調査しました。



梅雨の時期に髪の毛がまとまらない原因

どうして天気のいい日には髪の毛はまとまり、雨の日には広がったりしてしまうのでしょうか?

実はその原因は髪の毛のダメージにあるんです。

人の髪の毛は一番外側の毛の内部を保護するキューティクル(毛表皮)、その内側に水分やメラニンから成り立っているコルテックス(毛皮質)、そして中心の部分がメデュラ(毛髄質)で構成されています。

そしてダメージを受けている髪の毛はキューティクルが剥がれている状態であり、湿気により水分を含んだ内側の組織が膨張し、髪の毛1本1本が違う形状となり広がり、まとまらなくなるのです。

梅雨の時の髪の毛の湿気対策~ブラッシング編

1日中広がってまとまらない髪の毛にはまずこまめにブラッシングをしましょう。
「ブラッシングぐらいで変わらないし・・・」なんて侮ってはいけません。

ブラッシングすることにより偏った水分や油分を髪の毛全体に行きわたらせることができます

ここで重要なのは濡れた髪にブラッシングをしない、ブラシは木製か天然の毛のブラシを使用するという事です。

濡れた髪にブラッシングをすることは枝毛・切れ毛の原因となります。また化学繊維のブラシは静電気を起こしやすくこちらも枝毛や切れ毛の原因となり、さらにダメージを与えてしまいます。





梅雨の時の髪の毛の湿気対策~ドライヤー編

お風呂からでたらどの位でドライヤーをかけていますか?
もしかして乾かさないで寝てしまうなんてことはありませんか?

実は髪の毛が濡れている時はキューティクルが剝がれやすく、ダメージを与え続けている状態なんです

なので夜、髪の毛を乾かさないで寝る、または、濡れている時間が長いという人はキューティクルが剥がれてしまっているため、まとまりにくい髪の毛という事になります。

残念ながら一度剥がれてしまったキューティクルはもう二度と再生できませんが、
すぐに乾かすという事を習慣にしてずっと続けて行かないといつまでたっても梅雨のうねうねヘアーとはおさらばできないのです。

梅雨の時の髪の毛の湿気対策~ヘアオイル編

先ほどもお伝えしたように一度剥がれてしまったキューティクルはもう二度と元には戻りません。

その上、剥がれた部分から内側の水分や栄養分が出てしまい、まとまらない髪の毛へとなってしまいます。

そこで重要なのがトリートメントで栄養分を補ってあげることです。
お勧めなのがヘアオイルです。
ヘアオイルを乾かす前の濡れた髪へなじませてブローするだけでとってもしっとりと仕上がります。

そして朝ブローした後に少量でいいのでまたヘアオイルをなじませてあげると梅雨時の広がりを抑えてくれます。

しっとりするからと言って多量につけてしまうとベタベタのオイリーヘアーになってしまいますので気を付けてください。

ポイントは少量のオイルを手にとり、手のひらや指の間になじませ髪の毛の下の部分から手ぐしで丁寧になじませてください
上から抑えてつけるように塗っても表面にしかオイルの成分がつかないので内側まで栄養分が行き届きません。

まとめ

梅雨になるとまとまらないで広がる髪の毛・・・・
本当に気が重くなりますが、その原因は髪の毛のダメージでした。
ダメージを与えない為には日々の努力がとても重要なんですね。

 

【関連記事】

梅雨の疲労回復に効果のある梅干し!1粒で美肌やダイエットにも

梅雨に太る原因は?むくみに効果のある方法とNGな行動

梅雨のテカリや毛穴の汚れや敏感肌に効果のあるスキンケア方法




コメントを残す