とっても簡単!ジメジメした梅雨の部屋干し生乾きの臭い対策

梅雨の時期は洗濯物が外に干せず、仕方なくお部屋に干すこと多いですよね。
でも部屋干ししたバスタオルやお洋服など、雑巾のような独特な臭いが気になったことはありませんか?
とっても不快だし、周りに臭いを気づかれていないか心配ですよね。

今日はジメジメした梅雨の時期に上手に洗濯する方法を調べました。




部屋干しした洗濯物から出る臭いの原因

そもそも部屋干しの洗濯物の臭いの正体は何なんでしょうか?

その正体はずばりモラクセラ菌という雑菌です!!

濡れている水着、汗をかいたTシャツを長時間放置して嫌な臭いを感じた経験はありませんか?
それはモラクセラ菌の増殖が原因で、まさに部屋干しした洗濯物はこの状態にあります。
そして水に濡れている時間が長いほど沢山のモラクセラ菌が増殖してしまうのです。

モラクセラ菌とはどういう菌?

モラクセラ菌は人の体に日常的に存在する常在菌です。
健康な人にとっては悪さをするわけではありませんが、体力が落ちている人や免疫力が低下している人には肺炎などを発症する可能性があります。

このモラクセラ菌自体に臭いはありませんが、水分や人の皮脂をエサとしそのフンが悪臭の原因となります。

今まで、モラクセラ菌のフンにまみれた洗濯物に顔をつけてクンクン臭いを嗅いでいたかと思うとゾッとします><


モラクセラ菌
画像:http://www.kao.com/




モラクセラ菌を死滅させることは可能か

臭いの原因がモラクセラ菌なら、この菌を死滅させる方法はあるのでしょうか?

モラクセラ菌の特徴として、
・紫外線や乾燥には強く熱に弱い
・臭い戻りをしやすい
という事がわかっています。

その為、一度モラクセラ菌が増殖し悪臭がしている洗濯物を天日干したところで、臭いは取れず水に濡らすとさらに強烈な臭いを放ちます。

しかし、モラクセラ菌の熱に弱いという性質を利用し死滅させちゃいましょう。

とても簡単!洗濯物の生乾き臭い対策

それでは梅雨の時期に効果的な洗濯の方法をご紹介します。

①洗濯前に50℃~60℃のお湯に15分~20分程度つけ置きする。

こうすることによりモラクセラ菌を死滅させると同時にモラクセラ菌が好物とする人間の皮脂汚れなどのタンパク質も落ちやすくします。

↓洗濯機で普段通りに洗います。

②その後50℃~60℃のお湯に粉末の酸素系漂白剤を入れ1~2時間溶きつけ置きする。

ワイドハイターなどの粉末タイプを使用してください。
除菌・殺菌効果もあります。

↓すすぎ・乾かしを行います。(しっかりとつけ置きをしているので部屋干しでも構いません。)

③特に臭いが気になったものなどはアイロンをかける。

モラクセラ菌は熱に弱いのでアイロンをかけてとどめを刺しましょう!

まとめ

手間はかかりますが、ほとんどお金をかけずにご自宅にあるもので簡単に嫌な臭いを取る事ができます。

しかしこの方法はお洋服の素材によっては生地を傷めてしまう事がありますので大切なお洋服はクリーニング店にお任せしましょう。

【関連記事】

梅雨に大量発生!とっても怖いカビが原因の病気とその対策

梅雨の湿気やカビ対策!便利なプチプラグッズ特集

梅雨の洗濯物の部屋干しによる生乾きの臭いに!評判の良い柔軟剤5選




コメントを残す