梅雨に起こる頭皮のかゆみはの原因は?改善方法を

梅雨時になると頭皮がかゆい!
そんな経験はありませんか?

梅雨は髪の毛がまとまりづらく広がってしまうというお悩みをお持ちの方も多いかと思いますが、実は頭皮トラブルも非常に多いんです。

今回は梅雨時の頭皮のかゆみの原因と改善方法についてご紹介します。





梅雨の時期に頭皮がかゆくなる原因

梅雨に頭皮がかゆくなる原因はズハリ温度湿度です!

梅雨の頃はだんだんと気温が上がり始めるため、汗をかきやすく、ジメジメと湿度が高くなるため、乾きにくい状態となっています。

そんな頭皮の状態は毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態。
時間が経つと雑菌が増殖し炎症を起こしかゆみを感じるのです。

また少しの雨だからと言って傘をささないでいると、大気中の埃や汚れが雨に混じり、それをシャワーのように浴びている状態なんです。
そのままにしていると毛穴を汚れで塞ぐだけでなく、頭皮は高温多湿状態となりやはり雑菌が増殖しやすい状態になってしまうのです。

またかゆみを感じるとシャンプーの時にゴシゴシと爪を立て強く洗ってしまう事があると思いますが、かえって頭皮が傷つき症状を悪化させてしまいます。

梅雨の時期の頭皮のかゆみの改善4ポイント!

では頭皮がかゆくなってしまったらどのような対策を取ればいいのでしょうか?

自宅でできる頭皮のかゆみ改善方法をご紹介します!

ポイント1.シャンプー前の炭酸水ヘッドスパ

準備するもの:炭酸水500ml

炭酸水はタンパク質を吸着し汚れを落としやすい性質があります。
頭皮の汚れは主にタンパク質になりますので炭酸水でマッサージすることで汚れをスッキリ落とすことができます。

また頭皮の血行を良くして薄毛や抜け毛を防ぐ効果もあります。

シャンプー前に炭酸水をおでこ、こめかみ、襟足の順にかけていき指の腹を使ってマッサージを数分間行ってください。

ポイント2.低刺激のシャンプーで洗浄

シャンプーする時の温度は38℃が適温と言われています。
熱すぎるお湯は頭皮を刺激し皮膚を火傷のように痛めてしまいます。
またシャンプーの際も爪を立てず指の腹で優しくマッサージをしてください。

↓↓低刺激 ミノンシャンプー





ポイント3.すすぎをしっかり
シャンプーの後はすすぎをしっかりとしてください。
シャンプーが頭皮に残っていると、かゆみや炎症の原因となります。

ポイント4.スタイリング剤は毛先に
スタイリング剤はできるだけ毛先の方につけるようにして頭皮は避けてください。
またシャンプーの時にはスタイリング剤の洗い残しがないように優しく時間をかけてマッサージしましょう。

まとめ

梅雨は髪の毛も頭皮もお手入れが大変ですね。
でも「最近髪の毛薄くなってきた??」なんて言われないように普段からしっかりとケアしていきましょう!

【関連記事】

梅雨のテカリや毛穴の汚れや敏感肌に効果のあるスキンケア方法

これで解決!梅雨の広がってまとまらない髪の毛の対策

梅雨に太る原因は?むくみに効果のある方法とNGな行動




コメントを残す