潮干狩りで大量のあさりをゲット!貝を沢山取るコツとお勧めな時期

シェアする

今年ももう潮干狩りのシーズンに突入しています!
スーパーで購入すると少し値が張るし、そんなに沢山は買えない・・

貝が大好きなあなたは、潮干狩りへ行って大量にあさりやハマグリをゲットしちゃいましょう!

今回は潮干狩りの豆知識をご紹介いたします。


スポンサード
>

潮干狩りのシーズンはいつからいつまで?

潮干狩りは基本的には1年中行うことができます。
でも冬の海は寒いし、潮が引いている時間が長くないと潮干狩りはできません。

まず一番潮干狩りに向いているのは
4月~5月

この時期は潮が引いている時間が日中である事と、気温や水温が上昇し浜辺でも過ごしやすいからです。

さらにこの時期のあさりは7月~8月の産卵を控え一番身が太っていて美味しいといわれています。

なので潮干狩りに行かれるのであれば、この時期がお勧めですが、
有料の潮干狩り場は開催時期が決まっており、会場ごとに異なりますが
3月~7月頃までとなっています。

このような潮干狩り場では養殖の貝を撒いてくれていますので、開催期間中でしたら美味しいあさりを取ることができます。


潮干狩りで大量のあさりを取るコツ

その1 あさりを大量に取れる時間帯を狙え!

あさりを沢山取るには潮が引き始めた時間が狙い目です。
潮が引き始めたら沖へとあさりを取り進めましょう。

潮が引き数時間経ってしまうと、あさりを取り尽くされてしまっている状態です。

海上保安庁の潮干狩り情報カレンダーで引き潮の時間が確認でき便利です。

その2 あさりの目を狙え!

あさりは水管という管で呼吸をしたり排泄をしたりしています。

あさりがいる砂の表面には二つずつ並んだくぼみがあります。これがあさりが水管を出した跡でありあさりの目です!
このあさりの目の下にはあさりが沢山潜んでいるのです。

あさりの目

画像:http://www1.odn.ne.jp/ushigome.gk

あさりはそこまで深い場所にはいませんので、10cm位までの深さを広く掘っていきます。
掘っていても見つからない場所はいつまでも探していないで違う場所へと移動しましょう。

ひとつ見つかったらその周辺に沢山いる可能性がありますので、広く掘り進めましょう。

潮干狩りのお勧めグッズ

潮干狩りに行く時にはきちんと準備をしていきましょう!
こちらではお勧めグッズをご紹介します。

基本の潮干狩りの道具がすべて揃っています。
バケツは椅子にもなって便利です!

浜辺での日焼け防止に必需品。
そんなに暑い日でなくても日焼けしちゃいますよ!

こちらも日焼け防止対策。

沢山取ったあさりの持ち帰りはクーラボックスが便利です。

紫外線防止以外にも虫よけにもなります!

【関連記事】
https://chihuahua-one.com/2017/04/21/%E5%A4%8F%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%BC%81%E5%BD%93%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E7%BD%AE%E3%81%8D%E3%81%AF%E5%8D%B1%E9%99%BA%EF%BC%9F%E8%85%90%E3%82%8B%E6%99%82%E9%96%93%E3%82%84%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E3%81%A8/

https://chihuahua-one.com/2017/05/13/夏休みの帰省にピッタリ!東京駅で買える名店の/

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。