梅雨の時期の鼻水・鼻づまりの原因と対策~季節外れの花粉症

春が終わりゴールデンウィークも過ぎたのに、鼻水、鼻づまりが頻繁に起こる。
花粉症の時期は終わったのになぜ???と思っている方は多いのではないでしょうか?

また梅雨の合間の晴れの日に症状がひどくなるなんていう方もいらっしゃいます。

花粉症というと、2月頃~5月始めくらいまでと思ってしまいがちですが、それはスギヒノキの花粉の飛散時期になります。

その時期が過ぎても花粉症の症状が治まらないという事だと、もしかしたら別の花粉が原因で症状が出ているのかもしれません。

今回はそんな季節外れの花粉症について解説いたします。





花粉の飛散時期

実は日本では花粉は1年中飛散しています。

こちらが花粉カレンダーになります。


画像:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

ご覧のようにほとんど一年中花粉は飛んでおりますが、春が終わり夏から秋までも飛散し続けているのがイネ科の花粉なんです!

イネ科の花粉の種類

ではイネ科の花粉にはどのようなものがあるのでしょうか?

イネ科の植物にはイネの他にもカモガヤハルガヤムギアシススキなど様々な種類があります。

イネ

画像:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/

高さ:60~100cm
飛散時期:5月~9月

全国の水田に生息しています。

カモガヤ

画像:http://sorairo-net.com/

高さ:30cm~70cm
飛散時期:5月~8月

河川敷や堤防に生息しています。
イネ科の代表的な花粉です。

ハルガヤ

画像:http://michikusanojikan.at.webry.info/

高さ:35cm~45cm
飛散時期:4月~7月

道端の雑草として生息しています。

ムギ

画像:http://michikusanojikan.at.webry.info/

高さ:約1m
飛散時期:5月~6月

小麦畑に生息しています。
小麦を使用した食品を食べることにより食物アレルギーを発生するきっかけとなることがあります。

アシ

画像:http://xn--hetx31d92d98ae7q.jp/ine-asi-829

高さ:2m~5m
飛散時期:8月~10月

全国の河川敷に生息しています。

ススキ

画像:http://garden-vision.net/

高さ:1m~2m
飛散時期:8月~10月

全国の原っぱや空き地などに生息しています。



イネ花粉の症状

イネ花粉の症状はスギやヒノキの花粉症と変わらず鼻水鼻づまりくしゃみ目のかゆみなどになります。

ちょうど夏の時期に発症するため、夏風邪と間違われやすいで注意が必要です。

イネ花粉症と夏風邪の見分け方については、
・イネ花粉症は水っぽい鼻水が出るのに対して、夏風邪は粘度の高い鼻水が出る。
・イネ花粉症は花粉の飛散時期には症状が継続するのに対して、夏風邪は1週間程度で治まる。
・イネ花粉症は熱はほとんど出ませんが、夏風邪は熱が出る。
・イネ花粉症は晴れている日や強風の日には症状が強くなる。

などでどちらなのか判断できるかと思います。

またイネ花粉症の特徴として食物アレルギーを併発しやすいという事です。

これはイネ花粉症を持っていると同じイネ科の植物である小麦を使用した食品に対して食物アレルギーを起こしやすいということです。

小麦を使用した食べ物
・パン
・麺類
・スナック菓子
・カレー・シチュー など

食品のパッケージに小麦を使用している場合は原材料欄に必ず記載してありますので確認をしましょう。
イネ花粉を持っている場合はこういった食品の過剰摂取は控えたほうがいいです。

イネ花粉症の対策

イネ花粉症の対策もスギやヒノキと変わりません.

・マスクや花粉用のメガネを着用する。
・手洗い、うがいをする。
・洗濯物を室内に干す。
・内服薬薬や点眼薬、点鼻薬を使用する。

このような対策をしっかりととりましょう。

しかし、スギヒノキの花粉は100~500kmほど飛散しますが、イネ科の植物はスギやヒノキに比べ植物自体の高さが低いため100~200m程度しか飛散しません。

その為イネ科の植物が生息している場所へ近づかないのが一番の対策になります。

このように花粉の時期は過ぎたはずなのに、症状が治まらないという方は、イネ花粉症の可能性があります。

ご自身のアレルギーの原因を突き止めるためにも一度医療機関でアレルギー検査を受けることをお勧めします。

原因を突き止めしっかりと対策をとりましょう!

【関連記事】

梅雨に増えるコバエを殺虫剤を使わずにアロマで退治する方法


梅雨に起こる偏頭痛や目の奥の痛みの原因とその対策

梅雨の疲労回復に効果のある梅干し!1粒で美肌やダイエットにも

 




コメントを残す