梅雨になるとひどくなるPMS(月経前症候群)の原因と対処方法

梅雨になると、なんだか体調が悪い。
頭痛や、めまい、吐き気、イライラなんかも・・・

確かに梅雨の時期は気圧の関係や、雨が降って肌寒いかと思えば次の日には晴れて気温が上がったりなどの寒暖の差で体調不良を訴えいる人が多いです。

その体調不良が生理前の10日~3日に発症生理が始まると治まるようだとPMS(月経前症候群)の可能性があります。

またPMS(月経前症候群)は梅雨の時期には症状がひどくなると感じている方が多いようです。

今回は梅雨の時期にひどくなるPMS(月経前症候群)についてです。





PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)とは生理前に現れる精神的、肉体的な不調のことで、女性の約8割は何らかの症状を発症していると言われています。
またその症状は200種類以上あるそうです。

PMS(月経前症候群)の主な症状

精神面
・イライラしたり怒りやすくなる。
・理由もなく泣きたくなる。
・何事にもやる気が起きず無気力。
・憂鬱になったり不安感に襲われる。
・情緒不安定

肉体面
・頭痛、めまい
・肩こり、腰痛
・吐き気
・乳房の張り、痛み
・便秘や下痢、腹痛
・手足の冷え、むくみ
・体重増加

このような症状を発症します。
思い当たる症状はありませんか?

PMS(月経前症候群)が梅雨に悪化する理由

まずPMS(月経前症候群)はなぜ起こるのでしょう。

それはホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。
女性の体はエストロゲンプロゲステロンという二つの女性ホルモンが分泌されています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
・女性らしい体つき、肌や髪にツヤを与える
・卵胞の成長を助ける
・基礎体温を下げる
・精神を安定させる

プロゲステロン(黄体ホルモン)
・子宮内膜の厚みを保ち妊娠を助ける
・食欲を増し水分や栄養分を体内に溜める
・基礎体温を上げる
・精神が不安定になりがち


引用:http://www.kobayashi.co.jp/

月経が終わる頃にエストロゲンの分泌が増え始め排卵前にピークとなり、排卵を終えるとその分泌量は減ります。
エストロゲンの分泌が減るとともにプロゲステロンの分泌量が増加します。

このようにプロゲステロンの分泌が増えることにより様々な体調の変化が現れると考えられています。

そしてこのホルモンバランスの他にその人のストレス食生活などの様々な要因でPMS(月経前症候群)を悪化させてしまうのです。

そう、、梅雨の時期にはストレスがいっぱい!!

雨で髪の毛がぐちゃぐちゃ、洗濯物が乾かない、ジメジメした満員電車、何より雨で会社に行くのも億劫・・・などなど

こんなストレスと、梅雨の時期の気圧の気圧の変化や、寒暖の差なども加わって普段よりもPMS(月経前症候群)の症状を悪化させてしまうんです。




梅雨の時期のPMS(月経前症候群)の対処方法

それでは梅雨の時期のPMS(月経前症候群)を乗り切る方法はあるのでしょうか?

PMS月経前症候群は脳内の幸せ伝達物質のセロトニンが減少している状態です。
まずはセロトニンを増やすようにしましょう!

1.日光浴をする

雨の多いこの時期に日光浴はかなり難しいですよね。
雨の合間の晴れの日には外出して太陽の光を浴びましょう。

太陽の光を浴びることによって、交感神経が刺激されセロトニンの分泌が促されます。

また日光浴は体内時計がリセットされるため、睡眠の質を良くすることができます。
夜は眠れないのに、昼間はボーッとしてしまう・・というのもPMS(月経前症候群)で良くある症状です。

2.トリプトファンとビタミンB6を含む食材をとる

セロトニンの生成にはトリプトファンビタミンB6が欠かせません。

トリプトファンを多く含む食材
牛や豚のレバー、かつおやマグロの赤身、チーズ、大豆、牛乳、そば

ビタミンB6を多く含む食材
牛レバー、鶏ササミ、にんにく、納豆、バナナ

 

3.PMS(月経前症候群)を改善するサプリメントを飲む

辛いPMS(月経前症候群)ですが、なんとかお薬を使わずに改善させたいと思う方は多いのではないでしょうか?

PMS(月経前症候群)にはチェストベリーというハーブが効果があります。

最近では様々なサプリメントが販売されています。錠剤のものやハーブティーなど様々です。ご自身のお好みで選んでみてください。

またサプリメントはお薬ではないので即効性がありません。
最低でも2ヶ月くらいは使用してみましょう。

【ルナベリー】

PMS(月経前症候群)の改善薬と同量のチェストべリーを40mg配合。
イライラや憂鬱を軽減する月見草オイル、ビタミンB1、B2,B6、B12、カルシウム、マグネシウム、イソフラボンまで配合されています。

【ルナテア】

チェストベリーを医薬品と同量の40mg配合。
レモンジンジャー味のハーブティータイプのサプリメントです。
生姜エキスがPMS(月経前症候群)の冷えを改善します。
ホットでもアイスでもお召し上り頂けます。

 

【関連記事】

梅雨に太る原因は?むくみに効果のある方法とNGな行動


梅雨のテカリや毛穴の汚れや敏感肌に効果のあるスキンケア方法

これで解決!梅雨の広がってまとまらない髪の毛の対策




コメントを残す