梅雨に太る原因は?むくみに効果のある方法とNGな行動

梅雨の時期に何だか体重が増えてしまう、、足が太くなった気がすると思う事はないでしょうか?

その原因は体がむくんでしまうからです。
むくんでいる状態が続くと体内の水分量が増えますので体重も増えてしまうのです。

どうして梅雨の時期にはむくみがひどくなってしまうのでしょうか。
また何か対策はあるのでしょうか?

そんな疑問について解説いたします。





梅雨になると体がむくむ理由

その1 湿度

梅雨の時期には雨が降るのでジメジメと湿度が高くなりがちです。
すると皮膚の表面から汗を蒸発しにくく、体内に溜め込んでしまうため水分代謝が悪くなりむくみを引き起こします。

その2 エアコンによる冷え

ムシムシと暑くなるこの時期は自宅でも職場でもエアコンをつけ始める頃でしょう。
上半身は汗ばんでいるのに足元は寒い・・・という女性はかなり多いのではないでしょうか。
足元が冷えることにより血流が悪くなりむくみの原因となります。

その3 低気圧

天気が悪い時は低気圧の状態です。
低気圧の時には副交感神経が優位となり、自律神経のバランスが崩れます。

交感神経・・活動している時、ストレス・緊張を感じている時
副交感神経・・休息している時、疲労・ダメージの修復をしている時

交感神経と副交感神経はバランスが崩れると、
・血流が悪くなり冷えやすい
・不眠による疲労物質の蓄積

このような原因からむくみを発症してしまいます。



梅雨の時期のむくみ対策

①シャワーで済ませず湯船に浸かる

気温が上がり始め、どうしてもシャワーだけで済ませてしまいたくなる時期。
でもむくんでいる時は血行不良が起きている時。
必ず湯船に浸かり体を温めましょう。

・熱いお湯だと体の深部が温まる前にのぼせてしまいます。
38℃前後のお湯にゆっくりと浸かりましょう。

・むくみにはバスソルトが効果的です。

 

②適度な運動を行う

梅雨の時期は雨が続き運動量が減ってしまいます。
その為体の代謝が落ちむくみやすくなっているのです。

ウォーキングストレッチなどの有酸素運動がお勧めです。

・激しい運動は疲労物質を溜め込んでしまいますので余計むくみを引き起こしてしまいます。

③むくみ効果のある食材をとる

・カリウム
カリウムには体内の余分な水分や塩分を排出する効果があります。
アボカド・ほうれん草・ひじき・バナナなど

・クエン酸
クエン酸は体内の老廃物を排出します。また新陳代謝を高め血行促進します。
レモン・梅干し・グレープフルーツなど

・体を温める食べ物
体を温め血行を促進し、汗をかきやすくし老廃物を溜めないようにします。
生姜・ネギ・にんにく・にんじんなど

梅雨の時期のむくみにこれだけはNG!

・塩分の摂り過ぎ
塩分を過剰摂取すると、体内のナトリウム濃度を調節しようと水分を溜め込もうとします。しょっぱいものの食べ過ぎには注意しましょう。

・アルコールの飲み過ぎ
だんだんとビールの美味しい時期になってきました。
しかし飲み過ぎはむくみの原因となります。アルコールを摂取するとトイレが近くなる。。これは抗利尿ホルモンという普段排尿を抑えている働きをアルコールが抑制してしまうため。お酒を飲むと尿が大量に出るので更にお酒や水をがぶ飲みしてしまう・・
こんな悪循環で水分のとり過ぎとなりむくんでしまうのです。

・体を冷やす
冬のタイツからストッキングや生足へと変わっていくこの時期。
しかし、足元を冷やすと血行不良となりむくんでしまいます。ひざ掛けレッグウォーマーなどで冷えを予防しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
意外とやってしまっている梅雨のむくみにNGな行動。
ちょっとした普段の生活の改善でむくみ知らずの体になれちゃうんです。
今年の梅雨はむくみ知らずで過ごし夏を迎えましょう!

【関連記事】

梅雨に起こりやすい不眠症の理由と睡眠薬に頼らない改善方法


梅雨の疲労回復に効果のある梅干し!1粒で美肌やダイエットにも

梅雨に起こる偏頭痛や目の奥の痛みの原因とその対策




コメントを残す