梅雨に高くなる電気代 エアコンは冷房と除湿どちらが安い?

梅雨に入ると湿度が高く蒸し暑いので冷房や除湿を使用しているご家庭は多いのではないでしょうか。

でも気になるのが電気代
梅雨の時期から秋まではエアコンの使用量が多く電気代の請求書を見ことに恐怖を感じている方もいらっしゃるかと思います。

快適に過ごせて節約する方法はあるのでしょうか?

冷房と除湿の使い分けや、電源ON、OFFの回数など節約のポイントを解説いたします。





冷房と除湿と送風の違い

冷房は部屋の空気の温度を下げることを目的とています。

①液体の状態の冷媒ガスが熱交換器で蒸発し気体になる時に室内の熱を奪います。
②温度が下げられた空気が室内へと戻されます。
③室内の熱が冷媒ガスとともに室外機から外へ排出されます。


除湿は部屋の空気の湿度を下げることを目的としています。

①湿度の高い部屋中の空気を集め熱交換器で冷やされます。
②温度が下がった空気は湿度も低くなりここで余分な水分が出ます。
③その水分は排水管を伝って室外に排水され湿度が下がった空気が室内へと戻されます。

また送風はファンを回して風を送るだけで冷房や除湿のような仕組みではなく扇風機のようなものになります。

除湿の種類

除湿には弱冷房除湿再熱除湿があります。

弱冷房除湿
温度を下げることにより湿度も下がるので、温度を下げ余分な水分を除いて湿度が下がった空気を室内へ戻す方法。

●弱い冷房をかけているようなものなので湿度だけを下げたい時には冷えすぎてしまう事も。消費電力は低め。

再熱除湿
温度を下げ余分な水分除いて湿度が下がった空気を、最適な温度にするために温めてから室内へ戻す方法。

●肌寒い日にも温度は下がらないので冷やし過ぎない。温め直す分消費電力が高い。


画像:http://www.daikin.co.jp/

 




結局一番安い使い方はどれ

まずはご自宅のエアコンの除湿のタイプを確認してください。
説明書で確認したり、型番をインターネットで検索するなど色々方法があります。

再熱除湿を採用しているのは各社上位機種のエアコンになりますので、そこまで高価なエアコンではないという場合は弱冷房除湿と考えていいでしょう。

ご自宅のエアコンの除湿のタイプがわかったら、安い順から

送風 (安)
  ↓
弱冷房除湿
  ↓
 冷房
  ↓
再熱除湿 (高)

 

となります。

送風は扇風機のような物ですので温度や湿度を直接下げることはありませんが、窓を開けながら送風を使用することで空気を循環させることにより湿度を下げたり、体感温度を低く感じる事ができます。電気代は弱冷房時の1/10以下です。
上手に活用したいですよね。

再熱除湿を採用しているエアコンをお持ちの方は、除湿より冷房をつけていた方が節約になるという事です。

 

またエアコンは起動時に一番電力を消費するのです。

起動時はつけっ放しの時よりも10倍以上の消費電力の差があるという事。

使い方や設定温度などにもよって異なりますが、電源ON、OFFをこまめにした場合は24時間つけっ放しにした場合よりも1か月2,000円~4,000円の電気代が高くなるそうです。

 

なんだかもったいない気がしてこまめに電源を切っていた今までがバカバカしいですよね。

結論として送風運転以外で一番お得なエアコンの使い方は、弱冷房除湿または弱い冷房で24時間つけっ放しにするという事です。

 

まとめ

いかがでしょうか?
毎月頭を悩ませる電気代。
送風、除湿、冷房を上手に使って快適に節約しましょう。
でもくれぐれも猛暑なのに我慢して送風運転のみなんてことは熱中症になってしまいますのでやめましょう!

【関連記事】

夏バテに効果があるコンビニでも買えるお勧めな飲み物

2017年クールビズの期間はいつからいつまで?清潔感のある服装とは




コメントを残す