夏の日差しに日焼け止めの正しい選び方 SPFやPAとは?

もうすぐ暑い~~い夏がやってきます。
この時期女性が一番気になるのは紫外線。

紫外線対策としては日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりしていることと思います。

紫外線はシミやソバカスの原因になるだけでなく蓄積されると肌の老化や癌までも引き起こすとっても怖い存在。

今回は紫外線をブロックする日焼け止めの選び方について解説いたします。





紫外線が肌に与える影響

紫外線が肌に悪い影響を与えるということはご存知かと思います。

その紫外線にはUVAUVBという2種類存在しておりそれぞれ肌に与える影響が変わってきます。

UVA
地上の紫外線の95%UVAです。
日焼けをした時にすぐに肌を黒くさせる紫外線で、肌の真皮まで到達しシワたるみなどの肌老化を引き起こします。

UVAはガラスを透過しますので、室内や車内でもきちんとした対策が必要です。

UVB
日焼けをし数時間後に赤く炎症を起こす紫外線で、肌の表皮に作用しメラニンを増加させシミソバカスの原因となります。

UVBはガラスを透過しませんので外出時の対策が必要です。

日焼け止めのSPFやPAって何?

日焼け止めを購入するときは何を基準に選んでいますか?

パッケージに書いてあるSPF50+PA++++というもの。
この数字が多いほうが効果が高いのでは・・という基準で選んでいる方は多いのではないでしょうか。

確かにSPFPAの値が大きくなるほど日焼け止めの効果も高くなりますが、用途に応じて使い分けないと肌に負担をかけてしまいます。

SPFとは?

SPFはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で
肌の表皮に作用しシミ・ソバカスの原因となる紫外線UVBが肌に炎症を起こす時間をどのくらい引き伸ばすことができるかという値になります。

日焼けをし炎症を起こすまでの時間は個人差がありますが、一般的には15分~20分といわれています。

SPF20は20倍引き伸ばすことができる、つまり5時間~6時間40分引き伸ばせる
SPF50は50倍引き伸ばすことができる、つまり12時間30分~16時間40分引き伸ばせるということになります。

しかし先程も申し上げた通り、炎症を起こすまでの時間には個人差がありますのでこの時間も一概には言えません。

また最近多く販売されているSPF50+というのはSPF50以上のもの、という意味で現在ではSPFの最高値になります。

PAとは?

PAはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で
肌の真皮に作用しシワやたるみの原因となる紫外線UVAを防ぐ効果の高さを数値にしたものです。


引用:http://www.ci-labo.com/

日焼け止めの用途に応じた選び方

SPFやPAが何の数値かがお分かりになったかと思いますが、
どんな時もこの数値が高いものを使えばいいという訳ではありません。

SAFやPAの数値が高いという事はそれだけ肌に負担もかかっているということです。

日常のお買い物や家事、通勤などにはSPF10~SPF20、PA+~PA++

屋外でのスポーツやレジャーなどにはSPF15~SPF30、PA++~PA+++

炎天下でのスポーツやスキー、マリンスポーツなどにはSPF30~SPF50、PA++~PA++++

このように使い分ける必要があります。


引用:http://www.jcia.org/




日焼け止めを効果を上げる使い方

日焼け止めをただ塗ったからといっても間違った使い方をしていては台無しになってしまいます。

日焼け止めを効果的に使うためのポイントをご紹介します。

日焼け止めの使用量

SPFやPAの効果を発揮させるためには、お肌1平方センチメートル当たり2mg塗る必要があるとされています。

これはどのくらいの量かというと、500円玉大を顔全体に塗ると考えて頂ければわかりやすいでしょう。

かなりの量ですよね。

ベタつきや白浮きが気になりほとんどの方はこの1/4量しか使用していないそうです。

この量をうまく塗布するポイントは、数回に分けて使用してください。
何度かプレスするように白浮きが目立たなくなるまで押さえ、これを数回繰り返すとベタつきや白浮きが気になりません。

使用する部位によっての使い分け

日焼け止めには様々なタイプのものが販売されています。
使用する部位によって使い分けることをお勧めします。

乳液タイプ
伸びがよく肌に優しいものが多いです。
化粧下地を兼ねているものもあり、普段使いに適しています。
ノンケミカルタイプ(紫外線吸収剤不使用)も多いので敏感肌の方も安心です。

クリームタイプ
ウォータープルーフのものも多く落ちにくいです。
日焼け止め効果が高いものが多いので海やレジャーにお勧めです。

ジェルタイプ
伸びがよく、重くなりません。
全身に使いたい方ベタつきが気になる方にお勧めです。

パウダータイプ
ベタつかず毛穴も目立たなくします。
メイクの上から使えるのでお化粧直しや、外出先でも便利です。

スプレータイプ
背中など塗りにくい部分にも塗りやすくレジャースポーツに最適です。
お化粧の上からスプレーできるものもあるので、日焼け止めの塗り直しが簡単にできます。




 

コメントを残す