マツコの知らない世界で紹介されたパンきり包丁やタンブラーが欲しい

5/9のマツコの知らない世界で放送された「一生使える日用品の世界」
日本全国の素晴らしい日用品を探し続ける男・河内宏仁さんが紹介する数々の日用品はどれも素晴らしいものばかりでした。


画像:http://www.tbs.co.jp/

日本の職人さんが手作りする一生使える本当に良いものは一体どんな商品なのでしょうか。




マツコ絶賛!一生使える日用品の世界


それではマツコさんも大興奮だった日用品たちをご紹介します。

庖丁工房タダフサ・パンきり包丁


画像:https://www.amazon.co.jp/

新潟県三条市の庖丁工房タダフサのパンきり包丁です。
このパンきり包丁はパンくずがほとんどでないんだとか。
普通のパンきり包丁は焼きたてパンはうまく切れないし、ボロボロとパンくずも出てしまいますね。

少しお値段は張りますが、マツコさんが即買いするだけのことはあるようです!

山本勝之助商店 棕櫚(しゅろ)ほうき/7玉長柄箒

 


画像:http://item.rakuten.co.jp/

こちらの箒は箒職人の方が一点一点丁寧に手作りしたもの。
最新の掃除機やモップよりも綺麗になるそうですよ。

ホコリが舞い上がりにくく、音も出ないので夜中でもお掃除できちゃいますね。

抜け毛が気になるワンちゃんや猫ちゃんの毛とも相性が良いのでペットのいるご家庭は重宝しますね。

[薩摩錫器 鹿児島]伝統工芸品 大辻朝日堂 タンブラー


画像:http://item.rakuten.co.jp/

こちらも全て職人さんが手作りをしている薩摩錫器のタンブラー。
錫(すず)は金や銀に並ぶ価値の高い金属。

イオンの効果でお酒がまろやかになります。

冷たいものはひんやり冷たく、暖かいものは程よい暖かさを保ってくれます。

山只華陶苑(やまただかとうえん) すり鉢


画像:http://item.rakuten.co.jp/

岐阜県多治見市の山只華陶苑のすり鉢は、左右どちらの方向に回してもしっかりと目に当たり、小さなごまも逃さず擦ることができるんです。

「左利き用のすり鉢を作ってほしい」という顧客の要望に応えるため
力を入れずスムーズにすれる「波紋櫛目」を開発したそうです。

コメントを残す