便秘を解消し長寿菌を増やす食べ物は?その原因、Xにあり!の腸活

5/12放送のその原因、Xにあり!は腸活がテーマでした。
健康で長生きをするためにはまずは腸が健康でなくてはなりません。

そして健康なお年寄りには長寿菌というものが多く存在するそうです。

今回は長寿菌についてと長寿菌を増やすための食べ物について解説いたします。


画像:https://tv.yahoo.co.jp/




長寿菌とは何?

長寿菌とは健康で長生きをしている人の腸にある善玉菌の事です。

この善玉菌にはビフィズス菌大便菌があります。

ビフィズス菌

ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれていてとても有名ですよね。
生まれたときの人間の腸内細菌の95%はビフィズス菌であるのに、歳を取るにつれ減少し悪玉菌が優位になってしまいます。

60歳を過ぎるとビフィズス菌は1%にまで減り、中には0という人もいるのだとか。

それに対して健康に長生きをしているお年寄りの腸にはこのビフィズス菌が多く存在しているんです。

ビフィズス菌の働き
・善玉菌の増加を抑え腸内環境を良くする
・腸の蠕動運動を活発にし排便を促す

大便菌

長生きをしているお年寄りの腸内にはビフィズス菌と並び大便菌という善玉菌も多く存在していることがわかりました。

それにより、ビフィズス菌と大便菌を合わせて長寿菌と呼ぶようになりました。

大便菌の働き
・腸の粘膜を修復し免疫力を正常にする
・がん細胞を抑える




長寿菌を増やす食べ物

長寿菌を増やすには食生活がとても重要です。

長寿の島で知られる鹿児島の徳之島伊仙町の健康なお年寄りの腸内には長寿菌が多く存在しているそうです。

この島のお年寄りはどのような食生活をしているのでしょうか?

その1 粒味噌

粒味噌は奄美地方ではよく使われている味噌で、米と大豆の粒がそのまま入っています。
そして粒味噌は塩分が少なく乳酸菌を多く含む発酵食品のため腸内を通過するときに元々いるビフィズス菌を活性化してくれるんです。

奄美地方ではじゃこと味噌のあえものにこの粒味噌をよく使うんだそうです。

番組内では関根勤さんがこのスーパーフードを4日間食べて検証していました。

その2 青パパイヤ

青パパイヤを売っているお店をなかなか見ることはありませんが、奄美大島では盛んに食べられている食材で野菜として調理して食べることが多いです。青パパイヤには食物繊維が多く含まれており、食物繊維をエサとする大便菌を活性化させます。

またこの青パパイヤは美肌やダイエット、がん予防にも効果があるんです。

 

【関連記事】

さんまの旬はいつ?特に栄養がある内臓はアンチエイジング効果も!

鉄不足による体調不良やその症状 ラッキーアイアンフィッシュとは?

主治医が見つかる診療所~若返り菌で10歳若返る!美肌やがん予防

コメントを残す