お中元はいつ誰に贈るの?贈る時期や相手についてのマナー

そろそろお中元の品物を考える時期がやってきました。

若い頃は全くといって無縁だったお中元ですが、それなりに年齢を重ねるとお世話になった方へ夏のご挨拶として品物を贈る機会もでてきます。

そんな時にきちんとしたマナーで日頃の感謝の気持ちを伝えたいものです。

今回はお中元のマナーについて解説いたします。




そもそもお中元とは?

のご挨拶であるお中元は、道教の年中行事である「中元」が起源。これに日本古来の先祖供養の風習が融合し、親類縁者などへお供え物を配る習慣ができたと言われています。その後、江戸時代には、感謝の気持ちを込めた贈りものへ変化。現代のように、上半期の区切りにお世話になった方に贈る習慣として定着しました。
引用:http://www.takashimaya.co.jp/

中国の道教には一年の中に三元という祭日があり、上元・中元・下元の三つです。

上元は 旧暦の1月15日 新暦で2月上旬~3月上旬
中元は 旧暦の7月15日 新暦で8月上旬~9月上旬
下元は 旧暦の10月15日 新暦で11月上旬~12月上旬

この中元の時期にお世話になった方へのご挨拶として贈り物をする風習が室町時代頃から始まり江戸時代には庶民の間に広まったそうです。

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期は、地域によって異なりますが関東では7月上旬~7月15日までが一般的ですが、現在では6月下旬~7月15日までで贈る方が多くなっています。

関東以外では7月上旬~8月15日がお中元の時期となっています。

そのため違う地域の方へお中元を贈るときには注意が必要です。

しかし時期を逃してしまっても、立秋(8月8日または8月9日)より前だと暑中御見舞、立秋より後だと残暑御見舞に表書きを変えれば贈ることができます。




お中元は誰に贈るの?

お中元は一体誰に贈るべきなのか・・・迷ってしまいますよね。
基本的には遠方で暮らす両親や義両親、親戚、上司や恩師、仲人さんなどに贈るとされています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

両親や義両親、親戚

結婚を機に両親や義両親、そして親戚の方へお中元を検討される方は多いのではないでしょうか?

しかし、自分の両親にもお中元は贈るべきか、、親戚はどの位まで贈るべきか・・など色々迷ってしまいますよね。

ここで一番重要なのはその家それぞれのルールや習慣に沿って行動をするというところです。

感謝の気持ちを伝えようとせっかくお中元を贈っても、義両親から出しゃばりだと思われてしまっては元も子もありません。

そのあたりは旦那さんとしっかり相談し、義両親や周りのご兄弟と足並みを揃えるのが一番です。

一般的には遠方に暮らす両親や義両親にはお中元を贈ることが多く、親戚の方にはお付き合いの程度によるかと思います。

結婚式に参列してくださった方お祝いを頂いた方にはお中元を贈るといいでしょう。

そこまでお付き合いが深くない親戚の方には暑中お見舞いなどのお便りを送る方が多いです。

上司や恩師

普段勤務先でお世話になている上司の方やお世話になった恩師の方へお中元を贈りたいと思う方もいるかと思います。

現在では虚礼廃止の考えが広まっており、企業でもこのような規定を設けているところがあります。

虚礼廃止とは・・・
心のこもっていない形式だけの儀礼を廃止するということ。
お中元お歳暮年賀状バレンタインの義理チョコなどもこれにあたります。

そのため会社の上司にお中元を贈ろうか考えている場合は、虚礼廃止の規定がないか、もしくは他の社員の方がお中元を贈る習慣があるかなど事前に確認することが重要です。

 

また恩師の方へのお中元ですが、その先生が公務員の方ですとこういった贈答は一切禁止となっています。
私立の学校の先生でも学校の規定で禁止されているところもあります。

こういった場合はせっかくお中元を贈っても、辞退されてしまうことがありますので事前に学校に贈り物をしても大丈夫か問い合わせできるようでしたらしてみましょう。
でもそんなのは聞きづらいという場合は、同じ学校の先輩などに聞いてみるのもいいでしょう。

品物だと先生にも気を遣わせてしまうことがありますので、お礼状やお手紙などを贈る方が喜ばれるかもしれません。

仲人

現在結婚式に仲人なしという形式が増えてきています。
しかし仲人を立てた場合はお中元やお歳暮を贈るほうが良いでしょう。

しかし、永遠に贈るものなのか?やめるタイミングはいつ?などの疑問が湧いてきます。

仲人さんとのお付き合いの仕方にもよりますが、特に親しくされている場合以外は
3年間はお中元やお歳暮を贈るとされています。

これは仲人さんとの縁は三年切りといわれており、その理由は
昔は結婚したての夫婦は慣れない結婚生活を仲人さんに相談したり助けてもらう事も多かったそうです。
これも3年もするときちんと自立し仲人さんの助けが必要なくなるという理由からです。

現在は仲人を立ててもこのような親密な付き合いをする人は少ないかと思いますが、一般的には3年間はお中元やお歳暮を贈るとされています。

まとめ

いかがでしょうか?
感謝の気持ちを伝えるお中元ですが、その気持ちが先に出て突っ走ってしまうと、かえって相手を困らせてしまうという事もあります。

そうならないためにもご主人さまやご両親に事前に相談するようにしましょう。

【関連記事】

お歳暮を贈る時期や意味や由来は?お中元との違いや両方贈るべき?

2017お中元特集!本当に喜ばれる贈り物おすすめランキング!

お中元はいくら位が目安?金額の相場と贈って良いもの悪いもの。




コメントを残す