本物の味を堪能!東京都内で天然うなぎが食べられる名店5選

本格的に暑くなり今年も土用の丑の日がやってきます。

今年の夏の土用の丑の日は7月25日8月6日の二日間あります。

夏バテ防止、疲労回復、そして日頃頑張っている自分へのご褒美としてうなぎを食べに行くのはいかがでしょうか?

うなぎには天然のものと養殖があるのはご存知だと思います。

そして私たちが口にするうなぎはほとんどが養殖のうなぎです。

こちらで詳しく解説。
2017年土用の丑の日はいつ?うなぎを食べる理由とその効果

天然うなぎのおいしさは養殖とは比べ物にならない格別のものです。

今回はそんな天然うなぎを食べられる東京のお店をご紹介します。

人気店は何か月も予約待ちの状態です。
早めの予約が必要です。

ご家族や恋人と一緒に是非お出かけください!




東京都内で天然うなぎが食べられる名店10選

1.かぶと ~池袋


画像:https://tabelog.com/

住所:東京都豊島区池袋2-53-2 池袋ESビル 1F
TEL:03-3983-8608(予約のTELは営業日の12時~16時の受付です)
営業時間:17:00~22:00 21:30で閉店の日もあり
定休日:日曜・祝日・木曜日
席数:15席

池袋にあるかぶとは、都内のうなぎ店の中でも超有名店。
その為予約は数か月先、1年先まで取れません。

また初回のお客さんは天然うなぎを食べることはできないので、2回目以降から天然と養殖の食べ比べをすることができるようになります。

養殖でもクオリティが高く、泳いでいるうなぎをお客さんの前で捌いて蒸さずに焼き上げます。

1年待っても行く価値がありますね!

 

天然うなぎと養殖うなぎの食べ比べ。
画像:https://tabelog.com/

 

うな重

画像:https://tabelog.com/

 

直前まで泳いでいるうなぎ

画像:https://tabelog.com/

 

 

2.五代目 野田岩 ~赤羽橋


画像:https://tabelog.com/

住所:東京都港区東麻布1-5-4
TEL:03-3583-7852
営業時間:11:00~13:30 17:00~20:00
定休日:日曜日(月曜日は不定休。その他、7.8月の土用の丑の日、夏期休暇、年末年始休暇あり)
席数:75席


江戸時代から続く野田岩は老舗のうなぎ店。

天然うなぎやはもちろん、養殖うなぎも最高の状態で食べさせてくれます。

また伝統的なうなぎの他にも、わさびやキャビアで味わう志ら焼や、ワインに合ううなぎなど新しい食べ方も楽しむことができます。

 

天然うなぎの鰻重

画像:https://tabelog.com/

 

志ら焼(キャビア付)

画像:https://tabelog.com/

 

にこごり

画像:https://tabelog.com/




 

3.魚政 ~四ツ木


画像:https://tabelog.com/

住所:東京都葛飾区東四ツ木4-14-4
TEL:03-3695-5222
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:00)  17:00~21:00(L.O.20:00)

定休日:毎週火曜日、第1・第3水曜日 定休日が祝日の際は営業
席数:40席


注文を受けてから、捌き、串打ち、白焼き、蒸し、焼き上げまで行うので、料理が出てくるまで40分ほどかかります。

待ってでも食べる価値はあり、天然うなぎだけでなく、養殖ではブランドうなぎである【坂東太郎】を頂く事ができます。

坂東太郎は日本一と言われる利根川の天然うなぎの味に極めて近い養殖うなぎです。

 

坂東太郎 特上鰻重
画像:https://tabelog.com/

 

浜名湖産天然うなぎの志ら焼
画像:https://tabelog.com/

 

食べる直前まで生きている天然うなぎ
画像:https://tabelog.com/

 

 

4.うなぎ 徳 ~渋谷


画像:https://tabelog.com/

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 6F
TEL:03-6434-1519
営業時間:11:00~23:00
定休日:ヒカリエ定休日
席数:40席


渋谷のヒカリエ6Fにあるおしゃれなうなぎ屋さんは浜松に本店があり都内には西麻布や銀座にも店舗を構えています。

天然うなぎは浜名湖産で時価で味わうことができます。

うなぎの焼き方には関東風と関西風があり、
関東風は、背開き → 素焼き → 蒸し → 焼き  という工程で淡白で柔らかいのが特徴で
関西風は、腹開き → 素焼き → 焼き  パリっとして香ばしいのが特徴です。

うなぎ徳の焼き方は関西風と関東風の中間である浅蒸しの浜松風

関東風よりもうなぎの食感が残り、また少し違ったおいしさがあります。

 

うな重 特上

画像:https://tabelog.com/

 

うなぎ茶漬け

画像:https://tabelog.com/

 

うまき

画像:https://tabelog.com/

 

 

5.つるや ~浅草


画像:https://tabelog.com/

住所:東京都台東区浅草1-33-2
TEL:03-3841-0280
営業時間:[月、火、木、金、土] 11:20~21:00 [日、祝] 11:00~21:00
定休日:水曜日(月3回)
席数:111席

浅草雷門の近くに店舗を構えるつるやは昭和6年創業の老舗うなぎ店です。

うなぎの他にも天ぷらや刺身などの料理もありますが、やっぱりうなぎがお勧めです。

天然うなぎを入荷している時はお店の前に張り紙がありますので、確認してみてください。

浅草観光をしてお昼に天然うなぎを頂くなんてとっても贅沢ですよね。

うなぎのお店は小さなお子様が入りづらいところがおおいですが、こちらは
席数も多くお店も広いのでお子様連れでも安心です。

 

三重県木曽川産 天然うなぎのうな重
画像:https://tabelog.com/

 

 

きも

画像:https://tabelog.com/

 

 

こんな張り紙がないか確認してください。
画像:https://tabelog.com/

 

まとめ

いかがでしょうか?
東京都内で天然うなぎが食べられるお店をご紹介いたしました。

年々天然物のうなぎは漁獲量が減っているので食べられるお店もかなり限られていました。

ご紹介したお店でも天然物は入荷していない日や時期もありますので、どうしても天然じゃなきゃ嫌だ!という方は事前に確認してから行ってくださいね。

 

【関連記事】

2017年土用の丑の日はいつ?うなぎを食べる理由とその効果




 

コメントを残す