2017年はいつ?お彼岸の由来とおはぎを食べお墓参りをする理由

お彼岸というと何を思い浮かべますか?

お墓参りおはぎという方が多いのではないでしょうか。

またお彼岸はいつ?と聞かれて答えられるでしょうか?

お彼岸は春と秋の年に2回あります。

「寒さ暑さも彼岸まで」と言われるのもそのためです。

今回はお彼岸はいつなのか、その由来などについて調べてみました!




2017年お彼岸はいつ?

お彼岸は毎年「春分の日」と「秋分の日」を中日とし前後3日間を合わせた

7日間の事を言います。

この7日間のうちお彼岸が始まる日を「彼岸入りや彼岸の入り」といい、

お彼岸が終る日を「彼岸明けや彼岸の明け」といいます。

 

春分の日や秋分の日は、毎年何月何日と決まっておらず

毎年2月1日に翌年の該当する日が発表されます。

しかし、春分の日は3月20か3月21日

秋分の日は9月23日頃です。

 

そして2017年の今年は春分の日は3月20日(月)

秋分の日は9月23日(土)です。

 

よって

春のお彼岸

彼岸の入り 3月17日(金)
中日(春分の日)3月20(月)
彼岸の明け 3月23日(木)

 

秋のお彼岸

彼岸の入り 9月20日(水)
中日(秋分の日)9月23(土)
彼岸の明け 9月26日(火)

 

という事になります。

お彼岸の由来

彼岸という言葉は仏教用語です。

現世と死後の世界を川岸に例え、

現世を此岸(しがん)

死後の世界を彼岸(ひがん)と呼んでいました。

此岸は東に位置し、彼岸は西に位置すると言われています。

春分の日と秋分の日は、年間で昼と夜の時間がほぼ等しく

太陽は真東から上り、真西に沈みます

そのため此岸と彼岸が最も通じやすい時期と考えられています。

 

最も通じやすい時期なのでその時期にお墓参りをするのが

ご先祖様にとっても一番いいですよね。

それがお彼岸にお墓参りをする理由になります。

 

元々仏教に由来するお彼岸ですが、

他の仏教国にはない日本だけの習慣になります。




お彼岸におはぎを食べる理由

おはぎぼたもちの違いはご存知ですか?

実は春のお彼岸は、ぼたもち(牡丹餅)⇒こしあん

秋のお彼岸は、おはぎ⇒つぶあん

なのです。

 

その理由としては、

あんこの原料である小豆は

春に種を撒き、秋に収穫します。

秋のお彼岸では収穫したての柔らかい小豆を使用できますので

皮ごとつぶあんにしますが、、

現代のように様々な保管方法がなかった時代には

春のお彼岸は、秋から保存していた皮の硬い小豆を使用するため

皮を取り除きこしあんにしていたのです。

 

 

お彼岸にぼたもちやおはぎを食べる理由は

江戸時代には砂糖は超高級品であり

日常的に庶民が口にできるようなものではありませんでした。

 

そんな砂糖は大切な節目の時や、大切な人に振る舞いをする時に

使われていました。

 

また小豆の赤い色には魔除けの効果があるとされていました。

高級品であるお砂糖と魔除けの効果のある小豆を使用した

ぼたもちやおはぎをお彼岸にご先祖様へのお供え物としていたのが始まりです。

 

まとめ

お彼岸はお墓参りをする時期というのは何となく知ってはいましたが

ご先祖様と一番通じ合えるじきでもあったんですね。

またぼたもちとおはぎに明確な違いがあったんですね!

次のお彼岸は秋なので、是非ご家庭でつぶあんのおはぎを作ってみてはいかがでしょうか。

 

【この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます】

文化の日制定の由来と明治節の意味 晴れの特異日とは?

勤労感謝の日は働く人に感謝する日?本当の意味や由来、新嘗祭について

七五三の初穂料の相場どの位?のし袋の書き方も!玉串料との違いは?

残暑見舞いを出す時期はいつ?暑中見舞いとの違いやマナーや文例

お墓参りの服装や持ち物、作法、お花の種類などのマナーについて

お墓参りをする時期はお盆やお彼岸?時間帯に決まりはあるの?




 

コメントを残す