敬老の日の由来とおすすめのプレゼント!2017年の今年はいつ?

おじいちゃんやおばあちゃんに感謝をする日である敬老の日。

皆さんは毎年感謝の気持ちを伝えていますか?

普段はなかなか伝えられない「ありがとう」という気持ちを伝えることができる

一年に一度のチャンスです!

 

この敬老の日はいつからどのように始まったのでしょうか?

今回は敬老の日の由来やお勧めプレゼントをご紹介します。




敬老の日の由来

敬老の日の始まりは、1947年9月15日に

兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で村が主催する

「敬老会」を開催したことが始まりとされています。

 

これは当時の村長である門脇政夫氏が

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨によるもので

天候もよく農閑期である9月中旬に決められました。

 

1948年7月にはこどもの日成人の日が制定されましたが、老人のための日はありませんでした。

ここで、門脇村長は1948年9月15日に第二回の「敬老会」を開催するにあたり

9月15日を「としよりの日」として村独自の祝日とすることを提唱し

県内市町村にも祝日制定を働きかけたのでした。

1950年には兵庫県が「としよりの日」を制定、

1966年(昭和41年)に国民の祝日「敬老の日」が制定されました。

敬老の日は元々は9月15日でしたが、

2003年のハッピーマンデー制定により9月の第三月曜日となりました。

 

他にも敬老の日の由来は

聖徳太子が四天王寺に四箇院のひとつであり現在の老人ホームのような

悲田院を建立した日が593年9月15日であったためこれを由来とする悲田院説

 

仕事ができないため貧しく老いた酒好きの父に一生懸命働いて養っていた息子が

好きなだけ父親に酒を飲ませたあげたいと考えながら山道を歩いていた時に

足を滑らせた拍子に発見した美酒が流れる滝。

 

これを毎日何往復もして老いた父親に飲ませ不思議と父親は健康になったという滝を

当時の元正天皇が視察したのが717年9月中旬であることからこれが由来となった

養老の滝説があります。




 

2017年敬老の日のおすすめプレゼント

 

・お箸や湯呑

毎日使うお箸や湯呑は使ううちに愛着がわきますよね。
それも可愛い孫や子供からのプレゼントだと尚更です。

普段自分では買わないようなちょっとだけ高級な
お箸や湯呑をペアでプレゼントしてはいかがでしょうか。

 

 

・お花

綺麗なお花は心を豊かにして笑顔を増やします。
お花を育てるのが大好きなおじいちゃんやいおばあちゃんには
鉢植えを、華やかなプレゼントにしたい場合は花束を贈っては
いかがでしょうか。

 

 

・メガネケース

お年寄りの必需品のメガネ。
ケースはメガネを購入した時につけてくれますが
ちょっとこだわりの逸品をプレゼントするのも喜ばれます。

お洒落なおじいちゃんやおばあちゃんには本革のものや、
インテリアにもなるスタンドタイプのものはいかがでしょうか。

 

 

 

・食べ物

普段自分では買わないようなちょっと高級なスイーツや
和菓子のプレゼントも喜ばれます。

お菓子のプレゼントを持って会いに行って
ワイワイガヤガヤみんなで敬老の日パーティーも楽しいですよね。

 

 

・パジャマや部屋着

自宅でゆっくりくつろげるパジャマや部屋着も人気があります。
夏から秋に変わりちょっと肌寒くなるこの時期合わせた素材や
デザインのものを選んであげてください。

 

 

 

2017年の今年の敬老の日はいつ?

敬老の日は9月の第三月曜日です。

2017年の今年は9月18日(月)です!

 

まとめ

今回は敬老の日の由来やお勧めプレゼントについてご紹介いたしました。

優しいおじいちゃんやおばあちゃんには

いつまでも元気に長生きして欲しいですよね。

是非この機会に普段の感謝の気持ちを伝えましょう。

 

【この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます】

高齢者の杖の種類や選び方 安全な歩行のための重要なポイントとは?

お中元はいつ誰に贈るの?贈る時期や相手についてのマナー

夏休みの帰省にピッタリ!東京駅で買える名店の手土産10選




 

コメントを残す