高齢者の杖の種類や選び方 安全な歩行のための重要なポイントとは?

大切なおじいちゃんやおばあちゃんの足腰が弱ってきたら

杖を準備してあげたいですよね。

自分の足で買い物したり、散歩をするというのは

健康に過ごすために大変重要なことです。

 

しかし杖を選ぶ時に適当に選んでしまったら

転倒する恐れもあります。

毎日使う杖はきちんと体にあったものを選ぶことが大切です。




高齢者用の杖の種類

・一本杖

最も一般的な杖です。

杖の形によりT字杖L字杖と呼ばれます。

T字杖

画像:https://www.amazon.co.jp/

 

T字杖は医療用でも使用される安全性の高い杖です

L字杖はグリップに手彫りの彫刻などが施されているものもあり

お洒落な雰囲気があります。

L字杖

画像:https://www.amazon.co.jp/

 

 

・多点杖


画像:https://www.amazon.co.jp/

 

杖の先が3本や4本に分かれているので、一本杖よりも

安定性があります。

筋力の低下によりバランスが取りづらいかたや

麻痺で一本杖では不安定になりやすい方に向いています。

 

 

・ロフストランドクラッチ杖


画像:https://www.amazon.co.jp/

 

腕輪に通してグリップを握るの杖です。

腕力が弱く一本杖では体重を支え辛い方にむいています。

前腕固定型杖とも呼ばれます。
 

 

・プラットホームクラッチ杖


画像:https://www.amazon.co.jp/

 

リウマチ杖とも呼ばれます。

手首や肘に障害があり自由に伸ばすことができない方に

向いています。

腕支持型杖とも呼ばれています。

 

 




杖の正しい選び方

杖を選ぶ時にはまずは歩行の自立度を見極めます。

杖の種類

・比較的腕の力があり歩行も安定している・・・T字杖

・腕の力が弱く歩行が不安定・・・ロフトランドクラッチ杖

・筋力が低下し歩行がかなり不安定・・・多点杖

 

杖の長さ

杖の長さを決めるポイントは

杖の長さ=身長÷2+2~3cm 

がいいと言われています。

例えば

身長160cmの方だと

160÷2+2~3cmなので 82cmもしくは83cmの杖を選びます。

 

※外で使う杖の場合は普段履く靴のかかとの高さを

考慮した上で長さを決めてください。

※腰が曲がっている方は曲がっていて固定している身長

または、無理のない範囲で伸びる身長で選んでください。

 

安全な歩行のために

杖を使って歩行する上で重要なことをご紹介いたします。

杖の握り方

杖は本体の支柱にまっすぐに重心がかかるようにグリップを握ります


引用:http://item.rakuten.co.jp/

 

 

 

 

支柱にまっす重心がかからない持ち方をすると

不安定になり転倒する危険があります。


引用:http://item.rakuten.co.jp/

 

杖のメンテナンス

毎日使う杖は安全のためにメンテナンスを行いましょう。

雨に濡れた場合はサビ防止の為に乾いた布できちんと拭き取ります。

 

一番重要なのは石突のゴム交換です。

毎日杖を使用する方は3ヶ月に1度は交換しましょう。

ゴムの磨り減った杖を使用する事は

バランスを崩し転倒の恐れがあります。

杖を購入時に同時に交換用のゴムも何個か購入しておくのが良いでしょう。


画像:https://www.amazon.co.jp/




まとめ

今回は高齢者の杖の選び方について解説いたしました。

今年も敬老の日が近づいてきます。

おじいちゃんやおばあちゃんの健康のために杖のプレゼントも

とても素敵ですね。

 

【この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます】

敬老の日の由来とおすすめのプレゼント!2017年の今年はいつ?

お中元はいくら位が目安?金額の相場と贈って良いもの悪いもの。

2017お中元特集!本当に喜ばれる贈り物おすすめランキング!

お中元はいつ誰に贈るの?贈る時期や相手についてのマナー





コメントを残す