お月見にお団子とススキを供える理由と2017年十五夜はいつ?

シェアする

お月見はいつだかご存知ですか?

たぶん10月頃。くらいは何となくご存知かとおもいます。

でもお月見は一体何をする日なのか、お団子やススキを供える理由については

あまり知られていないと思います。

今回はお月見について詳しくお話いたします。

スポンサード
>

お月見って何をする日?

お月見とは旧暦の8月15日に月を鑑賞する日の事をいいます。

そもそも旧暦とは何なのでしょうか?

旧暦⇒月が新月になる日を月の始まりとした太陰暦と太陽暦との暦のズレを
   解消するために閏月(うるうづき)を加えた太陰太陽暦
新暦⇒地球が太陽の周りを1周する期間を基準とし1年とした太陽暦

旧暦と新暦とでは季節が1~2か月ズレが生じています。

お月見の日の月の事を「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月(いもめいげつ)」

呼ばれています。

この日はススキや月見団子、サツマイモをお供えする日でもあります。

お月見の由来についてはあまり詳しくわかっていないようですが

中国ではお月見に里芋を食べ、里芋の収穫祭を行っていたそうです。

それが中国の宮廷行事となり、奈良時代から平安時代頃日本に伝えられたそうです。

お月見は

・1年で一番月がきれいな日に月を鑑賞する日
・秋の収穫を感謝し来年の豊作を願う日

このような日とされています。

お月見にお団子やススキを供える理由

お月見の由来についてはわかりましたが

お月見にお団子やススキをお供えするのはなぜでしょうか?

月見団子

お月見は「芋名月(いもめいげつ)」と言われており

里芋やサツマイモをお供していました。

現在でも地域によっては芋をお供えする風習が残っている所があるそうです。

しかし秋はお米の収穫の時期でもあり、

お米の収穫を感謝し、お米で作った月見団子をお供えするようになったそうです。

また月見団子は満月をイメージしたまん丸の形をしており

家族の健康と幸せを一緒に願ったとも言われています。

ススキ

ススキは稲穂に似ているということから

お米の豊作を願って供えられると言われています。

またススキには魔除けの効果があり、悪霊や災害から

収穫物を守り来年の豊作を願いお供えすると言われています。

2017年のお月見はいつ?

2017年にお月見をする中秋の名月は10月4日(水)です。

中秋の名月や十五夜というとその日が満月と思われるかもしれませんが

必ずしもそうではありません。

旧暦の8月15日を、中秋の名月や十五夜と呼んでいるため

多少ズレることがあります。

中秋の名月 満月の日
2017年  10月4日 10月6日
2018年 9月24日 9月25日
2019年 9月13日 9月14日
2020年 10月1日 10月2日

このように中秋の名月と満月は数日ズレることが多いです。

しかし肉眼ではほとんど満月に見えますのであまり気にする必要は

ないかもしれません。

まとめ

今年のお月見は10月4日です。

今年は家族みんなで月見団子を食べながら

お月様を鑑賞するのはいかがでしょうか?

お天気になることを今からお祈りしましょう。

【この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます】

勤労感謝の日は働く人に感謝する日?本当の意味や由来、新嘗祭について

七五三のお祝いの相場と現金や品物を贈る際の注意点やマナー

七五三の初穂料の相場どの位?のし袋の書き方も!玉串料との違いは?

十五夜の意味と餅つきをするうさぎが月にいる由来について

2017年はいつ?お彼岸の由来とおはぎを食べお墓参りをする理由

お墓参りをする時期はお盆やお彼岸?時間帯に決まりはあるの?

敬老の日の由来とおすすめのプレゼント!2017年の今年はいつ?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。