9月連休のレジャーに!乗り物物酔いをする原因と予防法!便利グッズも

2017年の今年はシルバーウィークはありません。

シルバーウィークは、9月の第三月曜日の敬老の日と、

国民の休日、9月23日の秋分の日、そして土曜日、日曜日を合わせて

5連休になる時のことをいいます。

 

残念ながら今年は3連休

5連休になるのは2026年までないそうですよ。

 

今年は海外旅行や遠出は無理だけど、車でお出かけは十分できますよね。

そんな車でのお出かけで頭を悩ませるのが、車酔い。

小さなお子さんや大人でも酔いやすい方はすごく心配ですよね。

 

今回は車酔いや乗り物酔いの原因や予防法、乗り物酔いに効くグッズをご紹介します。




乗り物酔いをする原因と症状

 

乗り物酔いが起こる原因は、乗り物の加速や減速の揺れによって起こる

自律神経の乱れです。

医学的には「動揺病」「加速度病」と呼ばれています。

 

人の平衡感覚は内耳にある三半規管によって調整されています。


画像引用:http://takeda-kenko.jp/

 

しかし乗り物に乗って、不規則な加減速が繰り返し起こることにより

自分自身が三半規管で調整しようとする動きとは全く違う動きが体内で起こり

ズレが生じます。このズレがストレスとなり自律神経の乱れを起こすんです!

 

自律神経が乱れることにより次のような乗り物酔いの症状が現れます。

・生唾がでる
・あくびが出る
・頭痛
・胃の不快感

・冷や汗
・吐き気
・嘔吐

初期の症状は生唾やあくびから始まりますが、放っておくとどんどん悪化し

吐き気や嘔吐にまで至ります。

乗り物酔いの予防法

 

乗り物酔をしないためには何をすればいいのでしょうか?

乗車前にすべきことと乗車中にすべきことがありますので

それぞれ実践してみてください。

 

乗車前

・睡眠をしっかりととる

睡眠不足やその日の体調は乗り物酔いに大きく関わると言われています。
しっかりと睡眠をとり体調を整えましょう。

・体を締め付ける服装は避ける

ベルトやネクタイなどは乗車前に外し
靴も脱いでリラックスできる体勢をとりましょう。

 

・酔い止めの薬を飲む

酔い止めの薬は三半規管と実際の動きのズレを軽減し
めまいはや吐き気を防ぐ効果があります。
薬の実際の効果だけでなく、「薬を飲んだから大丈夫」という
安心感にも繋がります。

車に乗ると酔うかもという精神的ストレスも、乗り物酔いに大きく影響するのです。

・車内の換気をする

タバコの臭いやガソリンの臭い、ビニールシートの臭いなどは車酔いを助長させます。
酔ってしまう車とそうでない車があるという人も多いのではないでしょうか。
しっかりと換気をして乗車中も空気の入換えをしましょう。

 

・空腹や満腹にしない

乗車前には空腹や満腹の状態は避け、胃を落ち着かせましょう。

 

 

乗車中

・顎を引いて遠くの景色を見る

キョロキョロして頭を動かすのは良くありません。
遠くを見ることによって景色の動きがほとんどなくなります。
できるだけ三半規管と周りの動きのズレを少なくすることが大切です。

 

・車内でのスマホや読書は避ける

車内でスマホ操作をすると普段酔わないのに酔ってしまうという人も多いです。
人は目を上下に動かすのが苦手で気分が悪くなるそうです。
またスマホや読書をしていると、車の動きを予想できず三半規管と実際の動きとの
ズレが大きくなります。

・車の動きに体を合わせる

カーブする時に同じ方向に体を傾けたり、車の揺れを事前に予想するのがとても重要です。
このようなことにより三半規管の揺れと実際に体が感じる揺れのズレを少なくすることができます。

 

・車酔いに効果のある飲み物や食べ物をとる

炭酸水や、コーラ、ラムネなどに含まれる炭酸は胃の動きを正常にしたり自律神経を整える効果があります。
チョコレートや飴などの甘いものは血糖値を上昇させ、脳が覚醒するのでスッキリとして車酔いしにくいと言われています。
梅干しを食べた時に出る唾液は三半規管のバランスを整える効果があります。
また酸味により胃のむかつきを抑えてくれます。




乗り物酔いを予防する便利グッズ

 

酔い止めリストバンド

このリストバンドをつけているだけで
内蔵の働きに深く関わると言われている内関というツボを
刺激してくれて乗り物酔い症状を緩和してくれます。

 

 

酔い止めメガネ

こちらのメガネは青い液体が入っておりその液体の揺れによって
三半規管が察知する動きと同じ動きを実際に感じることが
できるというものです。

かけて6分ほどで効果がでるそうです。

 

 

トラベルミン ファミリー 


家族で使える酔い止めの市販薬です。
ラムネのように溶けるから水なしで服用できます。
やっぱりお薬は1つは常備しておくと安心です。

 

まとめ

 

今回は9月の連休に向けた乗り物酔い対策についてお伝えいたしました。

車酔いしちゃうかもと心配しながらのお出かけは楽しくないですよね。

私も実際子供の頃、ラムネを食べると車酔いしないということがありました。

恐らく、たまたまラムネを食べた時に酔わなかった体験が安心感に繋がったんですね。

事前に対策することによって安心感につながるなら何よりですね。

 

【関連記事】

もしもの時に携帯トイレの種類や使い方。災害時やドライブにも!

9月の連休はBBQで決まり!手ぶらでバーベキューin新宿・渋谷

シルバーウィーク次はいつ?発生する条件と意味や由来 2017年は?

2017年の山の日っていつ?その由来や関東で行われるイベント

2017年はいつ?お彼岸の由来とおはぎを食べお墓参りをする理由




コメントを残す