スキージャンプの船木和喜の王様の工房のアップルパイは通販出来る?

スキージャンプの金メダリスト船木和喜さんのアップルパイが話題になっていますね。

船木さんは42歳になった現在でも現役でジャンプを続けながら

アップルパイを販売の経営者と切り盛りされています。

 

長野オリンピックで感動の金メダルをとった時のことを思い出しますね。
とっても感動しました!


画像引用:https://matome.naver.jp/

画像引用:http://www.jiji.com/

 

船木さんが販売しているアップルパイ食べてみたいですよね??

一体どこで買うことが出来るのか調べてみました。




船木和喜さんのアップルパイのお店は通販できる?

 

船木和喜さんが経営するアップルパイのお店は王様の工房という名前です。

 

店舗は船木選手の出身地である北海道余市町にあるそうです。

そして年に十数回全国のデパートや百貨店の催事場で販売するそうです。

 

ってことは余市まで買いに行くか、船木選手が近くの百貨店まで売りに来てくれるのを待たなければならないのでしょうか?

 

この王様の工房のアップルパイは船木選手が現役のスキージャンパーを続けながら経営しているので余市の店舗であっても営業日は不定ということです。

恐らくスキーのオフシーズンに集中して販売していると思われます。

 

なので現在のところ通販では販売はしていません

 

やはりデパートで開催される物産展に船木選手が売りに来てくれるのを待つしかないようです。


でもこういった感じで船木選手のツイッターで開催予定を知ることができますのでチェックしてみてください!

 

王様の工房のアップルパイの価格

 

王様の工房のアップルパイは船木選手が獲得した金メダルと同じ重さということですよ。

長野オリンピックの金メダルの重さは256gだそうです!


画像引用:http://www.jpnsport.go.jp/

 

その256gのアップルパイのお値段は1,200円

アップルパイ1ホールが金メダルと同じ重さのですから、金メダルって重いんだなーって思いますね。


画像引用:http://shun-ran.jugem.jp/




 

アップルパイ販売を始めたきっかけ

船木和喜選手がアップルパイ販売を始めたのは後輩の育成、その資金の調達のためです。

私はスポーツを本格的にやった経験がないのですが、選手になるくらいの指導を受けようとすると高額な費用がかかるというのは聞いたことがあります。

ましてやスキージャンプなんて道具も色々揃えないといけませんもんね・・・

 

このような理由から船木選手は2008年に友人と一緒に食品の卸を始めたそうです。

そこで地元余市産のりんごで何かできないか考えたそうです。

思い浮かんだのはアップルパイ!

 

お菓子作りをする人だったらわかると思いますが、アップルパイってとっても手間がかかりますよね。

パイ生地を作って寝かせて、りんごのフィリングを作って、生地を成形してまた寝かせて・・・・

こんなに手間の掛かるアップルパイだから競合があまりいなかったそうです。

 

そしてアップルパイを販売した利益でジャンプをする子供たちへスーツやヘルメットなどの用品、またジャンプ台の整備もしているそうです。

自分の為ではなくジャンプの選手を志す子供たちのために利益を使うなんて並大抵のことではありませんね。

 

まとめ

 

今回はスキージャンプの船木和喜選手が手掛けるアップルパイについて調べてみました。

お値段はお安くはないですが、特別高いわけでもありませんね。大きさも結構ありますし。

でもアップルパイを食べることでスキージャンプの未来に少しでも貢献できると思えば是非是非食べてみたいです!

 

【関連記事】

中垣内祐一の若い頃はイケメン!元嫁の名前や不倫相手は誰?

錦織圭が観月あこを選んだ理由 歴代彼女の方が良かった?

森慎二を襲った毒性の強い溶連菌は人食いバクテリア?敗血症とは?

マツコの知らない世界 野上優佳子さんのパン弁当とお勧め弁当箱!

マツコの知らない世界で紹介されたパンきり包丁やタンブラーが欲しい




コメントを残す