9月1日は防災の日!その由来と本当に必要な防災グッズを紹介

9月1日は防災の日です。

幼稚園や学校では避難訓練を行うのが恒例となっていますね。

防災の日が制定される前には、避難訓練は行われず関東大震災の犠牲者の慰霊祭が行われていたそうです。

なぜ9月1日は防災の日に制定されたのでしょうか?




防災の日の由来

防災の日は1960年に内閣の閣議了解によって制定された日本の記念日です。

9月1日が防災の日になった由来は2つあります。

 

1.関東大震災

1923年(大正12年)の9月1日11時58分44秒頃に関東大震災は発生しました。


画像引用:http://www.sei-inc.co.jp/

 

マグニチュード7.9、死者・行方不明者は105,385人、建物の全壊は109,713棟、建物の焼失は12,353棟といわれ、地震の規模としては最大級ではないものの、都市部で発生したため火災による被害が大きく観測史上最大の死者が発生してしまいました。

この関東大震災を教訓とし二度と繰り返さないために防災の日が9月1日に制定されました。

 

2.三大厄日の一つ二百十日

立春から数えて210日目にあたる日は、台風の襲来が多いとされています。

これは年によって異なりますが、8月31日、もしくは9月1日になります。

この時期は稲の開花時期にあたりますが、台風による水害、風害などにより被害を受けることから、二百二十日や八朔とともに三大厄日として農民たちは恐れてきました。

この二百十日を迎えるにあたり災害への備えをするようにという戒めからこの日に制定されたと言われています。

 

災害に備え本当に必要な防災グッズ

防災グッズは何がいいのかわからなくて、セットになっているものを購入することが多いのではないでしょうか?

セットになっているものはとても便利ですが、本当は必要なのにセットに入っていないもの、または個数が少ないものは追加で買い足すことが必要になってきます。

 

飲料水・非常食

言うまでもなく飲料水や非常食はとても必要です。

災害時には物資が届くまでに時間がかかることが予想されます。

2016年に発生した熊本地震では全国から支援物資は届いていたそうですが、自治体が被災地へ物資を分配する機能が十分に果たせず、被災者へ届くのに非常に時間を有したと言われています。

 

携帯電話の充電器(コンセント不要なもの)

家族や親戚、恋人と無事の連絡を取りたい、誰しもが思うことではないでしょうか。

携帯は持って避難しても充電器がないとすぐに使えなくなってしまいます。

電気は止まってしまう事がありますので電池式の充電器が必要になります。

熊本地震の際に携帯電話会社からこのように充電器の支援などもあったようですが、いつ支援が届くかわかりませんし、届いた後も順番待ちがかなりあったそうです。


画像引用:https://sirabee.com/

 

ボディーシートや水のいらないシャンプーや歯磨き

災害時には水の供給がストップし、水不足になってしまいます。シャワーを何日も浴びることができない状態になりますので、ボディーシートや水のいらないシャンプー、歯磨きなどがあるととても便利です。

 

生理用品

とっても困るのが生理用品です。生理用品も支援物資として届けられるのですが、いつになるかわからないし、数に限りがあります。

ご自身のものを防災グッズに多めに常備しておきましょう。

 

携帯トイレ

食べることは数日我慢できても、トイレだけはそんなに我慢することはできませんよね。

水洗トイレは断水時には使えなくなってしまいます。仮設トイレの設置にどのくらい時間がかかるかわかりません。

全体に必需品です。

 

懐中電灯

停電時にどうしても必要になる懐中電灯。

電池式やソーラー充電式のものがお勧めです。手回し式のものもありますが体力が消耗している時には懐中電灯のハンドルをグルグル回すという作業すら大変なのではないでしょうか?

予備の乾電池も忘れずに常備しておきましょう。

 

アルミブランケット

 

被災地で配られる毛布は数に限りがあります。

特に冬場は寒さで体力を消耗してしまいますので体温を逃さないアルミ製のブランケットを常備しておくのがお勧めです。

 

その他

 

以前、被災者の方のお話で災害時に本当に必要だったのは現金だったというインタビューを聞いたことがあります。

あまり必要ないように思ってしまいますが、先立つものはやっぱりお金という事ですね。ATMもストップしてしまうようです。

その他にも常備薬や軍手、レジャーシートなども必需品です。

 

お勧め防災グッズ

本当に必要な防災グッズがわかってきましたが、今から購入する人はどのようなものを選べばよいのでしょうか?

やはりセットで販売されているものに、ご自身で必要なものを付け足すというのが簡単なのではないでしょうか。

こちらではお勧めの防災グッズセットをご紹介いたします。

 

 

防災士の資格を持つ店長さんが、1点1点商品を厳選し本当に必要なグッズが揃っています。

3日間生き抜くための33種類39点セットとなっています。

 

 

被災者の声をもとに防災士が厳選した30点の避難セット。

スタイリッシュなデザインでグッドデザイン賞を受賞しています。

 

 

東日本大震災を経験された方が本当に必要なものを考えたセットになります。

2人用の他にも、1人用、3人用がありますのでご家族の人数に合わせることができますね。

 

 

女性ならではの必需品を揃えた防災セット。

A4サイズの箱に入っていますのでいつも本棚に収納しておくことができます。

 

 

まず生きるという事に着目した一時避難対策に絞った商品のセットです。

無駄を省き低価格が実現したので1人1袋持つことができます。

こちらは水や非常食は入っていませんので、別に購入する必要があります。

 

【関連記事】

防災グッズは100円ショップで揃えよう!合計3000円でできる!

無印良品の防災グッズがすごい!機能的でおしゃれ、もしもの備えに!

もしもの時に携帯トイレの種類や使い方。災害時やドライブにも!

9月連休のレジャーに!乗り物物酔いをする原因と予防法!便利グッズも

2017年台風シーズン到来!一番多いのは何月?発生件数の多い県は?

コメントを残す