上原多香子の最低な不倫をテレビで報道しない3つの理由

上原多香子さんのとんでもない不倫の報道で日本中がかなり引いていますね。

今回の上原多香子さんの不倫の内容は人の命が関わっているので、ベッキーさんや、今井絵理子さん、宮迫さんの不倫なんてとっても可愛らしいものに思えてきます。

もっとテレビでも上原多香子さんの事を取り上げて徹底的に調べ上げ、上原多香子さん本人の会見も開くべきだと個人的には思います。

何事もなかったかのように、自分だけ新しい恋人と幸せになろうなんて、TENNさんご本人やご遺族の気持ちを考えたら絶対に許してはいけないと思います。

でもなぜかこの件はテレビで報道されません。その理由を解明したいと思います。


画像引用:http://www.news-postseven.com/




理由その① スポンサー契約

テレビを放送するためにはスポンサーの存在が不可欠になります。

今回の不倫の内容は人の命が亡くなるというひどい内容のもので、視聴者にかなりの不快感を与えてしまいます。

週刊誌やネットでこの情報を知ったという人がほとんどだと思いますが、ものすごい衝撃とともに、上原多香子さんに対する嫌悪感を抱いた方も多いのではないでしょうか。

また今回はTENNさんが子供を授かる事の出来ない体だったこと、それを知っていたにも関わらず不倫相手と子作りについてのLINEで話し合うなど、不妊で悩む同じ境遇の方にもかなりの不快感を与えることが予想されます。

それが原因でTENNさんを死に追いやったのですからなおさらです。

このような内容を放送することはスポンサーが嫌がるのではないかと考えられます。

 

理由その② ご遺族の心情を考慮した

今回の不倫の内容は、昨今話題になっているベッキーさんや今井絵理子さん、宮迫さんを飛び越えとんでもなくキツイものです。

一人の人間が亡くなっています。

今までのようにテレビで面白おかしく報道できるレベルではないですよね。

今回この遺書を公開したのはTENNさんの弟さんであり、今現在も哀しみが癒えることがなくご家族では抱えきれなくなったという理由からということですが、恐らく上原多香子さんへの恨みも相当あることも察するに余りあります。

しかしTENNさんの死をテレビで大々的に放送されることを望んでいるようには思えません。

その辺りもテレビ局としては考慮しているのではないでしょうか。




理由その③ テレビで取り上げづらい

今回TENNさんは自ら命を経ってしまいました。

そのような内容を放送するにあたりかなり慎重に扱わなくてはならないというガイドラインがあるそうです。

そのためかなりテレビで放送しづらい内容であることは確かです。

テレビを見た人が何らかの影響を受けてしまったり、同じような行動をしてしまわないような配慮をする必要があります。

また残されたご遺族に対しても相当の配慮をする必要があり、そこまでのリスクを背負ってまで放送をする必要がないという決断に至った可能性があります。

 

上原多香子芸能界引退はあるの?

 

上原多香子さんは報道後も舞台稽古に普段と変わらない様子で参加されていたそうですね。

それってすごいことですよね?

自分だったら、まず自分が原因で旦那さんが亡くなってしまったという時点で気が狂いそうですが、これだけ世間から批判されている中でいつも通り稽古ができるって本当にメンタルが強いというか異常としか思えません。

しかし世間の上原多香子さんに対するイメージは最悪なものになってしまいましたし、引退はしなくても今後テレビのオファーなどはなくなっていくと思われます。

現在出演予定の舞台が終ったら実質引退と考えていいのではないでしょうか。

 

まとめ

TENNさんは本当に優しい方だったんですね。

以前ご夫婦で「行列のできる法律相談所」に出演されていましたが、上原多香子さんのわがままをすべて聞いてくれるような方だったと記憶しています。

上原多香子さんとは離婚され、もっといい女性を見つけて欲しかったです。

 

【関連記事】

斉藤由貴 FLASHの画像を警察に相談!次は不倫相手医師が下着を被る?

斉藤由貴の自撮りキス画像発覚!リークしたのは誰?不倫相手の医師とは?

西川まさと死去!死因や報道されなかった理由は?原因はパワハラ?

橋本健に続き今井絵理子も辞職の危機?違反と知らずビール券配布?

白戸家の長男ダンテ・カーヴァーの妻や不倫相手は誰?CM降板も?

小倉智昭がとくダネ!で上原多香子を擁護!その理由と世間の反応

錦織圭が観月あこを選んだ理由 歴代彼女の方が良かった?

ET-KINGのいときん末期の肺線癌!現在の症状や復帰の可能性は?

石原真理子が万引きした本当の理由は?都営に住み貧困?統合失調症?




 

コメントを残す