秋の味覚の柿!驚くべき美肌効果やむくみ予防も!食べ過ぎには注意

シェアする

もうすぐ柿がスーパーに並ぶ時期がやってきますね。

みずみずしくて甘ーい柿を食べると秋がやってきたなと実感します。

そんな柿には美容にとっても効果の高い成分や、むくみを予防する成分が含まれているのはご存知でしょうか?

美味しくて美容や健康も良いのですから今年の秋は柿を沢山食べましょう!

でも食べ過ぎには注意してください!

スポンサード
>

柿の美肌効果

柿にはビタミンCが豊富に含まれています。

果物の中では第4位の含有量になります。

1位・・・アセロラ(1700mg)
2位・・・ゆず(150mg)
3位・・・キウイフルーツ(黄色)(140mg)
4位・・・柿(70mg)
※100g当たりの含有量

ビタミンCの効果は次のようなものがあります。

・シミやシワを改善し、美白や美肌効果をもたらす
・紫外線による色素沈着の予防
・コラーゲン生成の補助
・骨を丈夫にする作用(骨粗鬆症予防)
・免疫力を高める
・精神を安定させる
・ダイエット効果

美肌だけでなく、健康にもよい効果がありますね。

その他にも柿にはペクチンβカロテンが含まれています。

ペクチンの働きは次のようなものがあります。

・血中のコレステロール値を抑え動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病などを予防する
・ブドウ糖の吸収を抑え血糖値の上昇を抑える
・腸内の善玉菌を増やし便秘、下痢を改善する
・腸内環境を整え栄養の吸収が良くなることで疲労を回復する

βカロテンは体内でビタミンAへと変換される特性があり、働きとしてはビタミンAに通じるものがあります。

・強い抗酸化作用を持ち活性酸素の生成を抑え老化を食い止める
・抗酸化作用により白内障・加齢黄斑変性症・夜盲症などの目の病気の予防
・ニキビを予防し肌荒れを改善する
・シミやそばかすを予防する
・粘膜を丈夫にして風邪をひきにくくする

このような嬉しい効果がいっぱいの柿ですが、そのほかにも多くの女性が悩んでいるむくみの予防にも効果があるんです。

柿のむくみ防止効果

柿にはカリウムが含まれています。

スイカやキュウリなどにも含まれているカリウムは利尿作用を高め、ナトリウム(塩分)を体外に排出しむくみや高血圧の予防夏バテを回復させる効果があります。

柿に含まれるカリウムの量は100g当たり170mgです。スイカは120mg、キュウリは200mgなのでスイカよりも多くキュウリよりも少し少ないくらいです。

しかしこれが干し柿になると670mgと増加し、果物の中では干しブドウ、アボカドに次いで第3位になります。

むくみ防止には干し柿の方が効果がありますが、ビタミンCに関しては干し柿はほとんどなくなってしまいますのでうまく取り入れたいものですね。

柿の食べ過ぎには注意

柿を食べ過ぎるとお腹を壊すという話を聞いたことはありませんか?

実はこれは事実なんです!

それは柿に含まれるタンニンが原因なんです。

タンニンはポリフェノールの一種で渋い味がします。甘柿に含まれるのは不溶性のタンニンで渋柿に含まれるのは水溶性のタンニンです。

その為渋柿を食べると唾液にタンニンが溶けて渋みを感じるのです。不溶性のタンニンは唾液に溶けだすことがないので渋みは感じません。

このタンニンにはこのような効果があります。

・メラニンの増殖を抑えシミやそばかすを防ぐいだり美白にも効果があり
・腸の粘膜の痙攣を抑えるため下痢の緩和や改善
・抗酸化作用により活性酸素の発生を抑え生活習慣病の予防
・殺菌消臭効果により口臭や虫歯を予防する

また柿には食物繊維が多く含まれていますので、食べ過ぎることにより下痢になったり、タンニンの働きにより腸の粘膜の痙攣が抑えられすぎることにより、腸の蠕動運動が鈍くなり便秘になったりするのです。

柿は太るの?

柿を食べ過ぎることにより太ってしまうことはあるのでしょうか?

柿のカロリーは、中くらいの大きさのものは可食部が約150gです。

カロリーは87キロカロリー

糖質は21g  位となります。

カロリーはさほど高くないものの、柿はとっても甘く糖質がかなり高くなっています。

コンビニのおにぎりの糖質が約30~35gほどなので中くらいの柿を2つ食べたらおにぎり1つ分よりも糖質をとってしまう事になります。

また干し柿になるとどうでしょうか。

干し柿の1個の大きさはおおよそ35g。

カロリーは90キロカロリー

糖質は18.5g 位になります。

干し柿は小さいし水分がすくなくなっているので5~6個はペロっと食べられてしまいます。

もし35gの干し柿を5個食べたとしたら

カロリーは450キロカロリー、糖質は92.5gと

コンビニのおにぎり3つ分もの糖質を摂ることになるんです!

美肌や健康、ダイエットにも向いている柿ですが、食べ過ぎには注意してください!

柿の適量大きいもので1個中くらいのものでも1.5個くらいまでにしておきましょう。

それ以上食べるとお腹の調子が悪くなったり、カロリーや糖質オーバーになって太ってしまう恐れがあります。

まとめ

秋の味覚の柿!さんまや栗、松茸など秋にはおいしいものが沢山ありますね。

美味しいとどうしても食べ過ぎてしまいますが、健康と美容のためにも腹八分目にとどめておきましょう!

【関連記事】

牡蠣は海のミルク!栄養や効果・効能 食べ過ぎは痛風になる?適量は?

松茸の旬はいつ?高い理由や相場、安くなる時期はいつ頃?

さんまの旬はいつ?特に栄養がある内臓はアンチエイジング効果も!

梨の皮は食べる?肉が柔らかくなる?梨に含まれる栄養や効果・効能

松茸の旬はいつ?高い理由や相場、安くなる時期はいつ頃?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。