勤労感謝の日は働く人に感謝する日?本当の意味や由来、新嘗祭について

勤労感謝の日がどのような日かご存知ですか?

私はずっと働く人に対して感謝する日だと思っていました。

このネーミングだとそのように思っている人は多いのではないでしょうか。

今回は勤労感謝の本当の意味や、11月23日に行われる新嘗祭(にいなめさい)とはどのようなものかをご紹介いたします。




勤労感謝の日はいつ?

勤労感謝の日は国民の祝日で毎年11月23日です。

この日はハッピーマンデーの対象にはならない祝日です。

なぜなら勤労感謝の日の由来は新嘗祭という天皇陛下が行う祭事になります。これはいつでもいいという訳ではなくこの日でないと意味がありません。

そのため毎年変わらず11月23日が勤労感謝の日なのです。

勤労感謝の日の由来

勤労感謝の日は以下のことを趣旨としています。

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

 

勤労感謝の日は1948年に公布・施行された国民の祝日ですが、元々は新嘗祭(にいなめさい)という収穫祭が行われていました。

新嘗祭とは天皇が行う祭事であり明治時代から国民の祝日となっていました。

 

新嘗祭って何をするの?

新嘗祭とは、宮中の神嘉殿(しんかでん)で天皇が自ら植えた稲を収穫し、神様に供えます。天皇ご自身も召し上がりその年の収穫を感謝する祭事です。

勤労感謝の日となった現在でも天皇陛下による新嘗祭は行われており、また全国各地の神社でも行われています。

今年の11月23日はお近くの神社に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。


引用:https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/




 

新嘗祭が勤労感謝の日になった理由

第二次大戦後に日本は連合国軍により占領されてしまいます。GHQの天皇の国民への影響力をなくそうとする占領政策により、天皇が関わる行事をなくそうとする動きがありました。

※GHQとは・・・マッカーサーを最高司令官とする総司令部(General Headquarters)

これにより日本から新嘗祭をはじめとする祭日(皇室が行う祭事)が全てなくなり祝日となったのです。

 

新嘗祭は勤労感謝の日という名前になりましたが、これをつけたのもGHQだったという説が有力です。

勤労感謝の日はアメリカの9月第一月曜日の「Labor Day(勤労の日)」と11月最終木曜日の「Thanks Giving Day(感謝の日)」を合わせたものではないかと言われているのです。

 

勤労感謝の日の本当の意味

このような複雑な由来のある勤労感謝の日ですが、現在は働けることに感謝をし、労働により生産したものを喜び、皆で感謝しあうという意味になります。

働いてくれる人に感謝するのではなく、働ける喜びを確認する日という意味合いが強いです。

本来の意味は働いてくれる人に感謝するということではありませんが、もちろん毎日働いてくれている家族に感謝をするというのはとてもいいことだと思います。

普段は伝えることのできない感謝の気持ちをこの機会に伝えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

勤労感謝の日とは日本が独自に決めた祝日ではないようですね。歴史的背景を知って迎える11月23日は今までとはまた違う楽しみ方ができそうです。

今年の11月23日には近所の神社へ行きたいと思います。

神社に寄っては別の日に新嘗祭を行うところもあるようなので事前に問い合わせてから行ってくださいね!

【関連記事】

クリスマスの意味や由来 イブとどっちが重要?ケーキはいつ食べる?

文化の日制定の由来と明治節の意味 晴れの特異日とは?

十五夜の意味と餅つきをするうさぎが月にいる由来について

お月見にお団子とススキを供える理由と2017年十五夜はいつ?

お墓参りの服装や持ち物、作法、お花の種類などのマナーについて

お墓参りをする時期はお盆やお彼岸?時間帯に決まりはあるの?

2017年はいつ?お彼岸の由来とおはぎを食べお墓参りをする理由




コメントを残す