クリスマスの意味や由来 イブとどっちが重要?ケーキはいつ食べる?

今年もそろそろクリスマスの準備をする時期になりましたね。

街のクリスマスイルミネーションもとっても美しいです。

大人も子供も楽しめるクリスマスですが、特に恋人達にとっては大切な1日ですよね?

そんなクリスマスの由来はご存知でしょうか?

イエスキリストの誕生日??という事を聞いたことがある方は多いかと思いますが、それは本当なのでしょうか?




クリスマスの由来や起源

クリスマスの語源はラテン語の「Christ’s Mass(クリストゥス・マッセ)」の略でChrist(キリスト)のmas(ミサ=礼拝)という意味になります。

クリスマスはイエス・キリストの誕生祭であると言われていますが、実は12月25日に生まれたという証拠はありません。

これには諸説あり10月の1日か2日に誕生したという聖書の記述や、もしくは9月15日に誕生したと唱える学者もいるため、詳しくわかっていません。

 

クリスマスの元々の起源は古代ローマで行われていてた「冬至の行事」と言われています。

ローマ帝国では太陽と神と崇める太陽信仰を行っていた異教徒たちが大きな勢力を持っていて冬至の日に「太陽神の誕生祭」や「農耕神への収穫祭」というお祭りを行っていました。

この異教徒たちとの対立を抑えると同時にキリスト教を世に広めるために、初代キリストの指導者たちが12月25日をクリスマスにしたという事です。

このように元々異教徒たちが行っていた冬至の行事とキリストの誕生祭を合わせたものがクリスマスだったのです。

クリスマスイブとどっちが重要?

クリスマスは12月25日でイブは24日という事は誰でも知っていますが、イブというのは前の晩と捉えている方が多いようです。

しかしユダヤ暦やこれを継承する教会暦では日没を1日の区切りとするため、この暦を採用する教会では24日の日没以降はクリスマスが始まっているという事になります。

現在の日本では、25日のクリスマス当日よりも、24日のイブの方が重要視されている傾向がありますが、これは大切なクリスマスの朝を恋人と迎えたいという方が多いのが理由です。そのため24日には必ず会ってデートをして25日の朝を迎えるということが一番重要なようです。




クリスマスケーキを食べるのは24日?25日?

ではクリスマスケーキはイブと当日どちらに食べるべきなのでしょうか?

日本では24日に食べるという方が多いと思いますが、これは正解です!

先ほども紹介しましたように、ユダヤ暦では日没が一日の変わり目なので、25日の夜はすでにクリスマスは終わっています。

24日の日没後にクリスマスパーティーをしてケーキを食べるというのが本来の意味としては正しいのではないでしょうか。

しかし日本ではキリスト教を意識してクリスマスを行うという方はほとんどいらっしゃらないと思いますので、12月23日でも12月26日でも好きな日にケーキを食べていいと思います。

 

日本にクリスマスが定着したのはいつ?

私たち日本人はいつからクリスマスを行うようになったのでしょうか?

日本で初めてのクリスマスは1552年に現在の山口県山口市にある教会で降誕祭のミサが行われたことです。

その後は江戸幕府のキリスト教禁止令によりこのようなミサは行われなくなりました。

しかし明治21年頃になると欧米からクリスマスカードなどクリスマス用品が輸入されはじめました。その後一般の人たちへと広がっていき明治35年頃には定着していたそうです。

昭和になると銀座や渋谷、浅草などレストランではクリスマス用のメニューが用意されるようになりました。

クリスマスケーキの始まりは明治43年に不二家が最初に販売したそうです。

当時はハウス栽培がなかったため冬にイチゴを使う事が出来ずに、フルーツのデコレーションはなかったそうです。

こちらは当時のケーキを再現したもの。
画像引用:https://grapee.jp/

日本のクリスマスの歴史も意外と古かったんですね。

クリスマスの歴史を知る事で、今年はいつもとはまた違ったクリスマスを迎えることができるのではないでしょうか。

【関連記事】

日本のクリスマスは変わってる?海外との過ごし方の比較

サンタクロースの由来や起源は? 赤い服の理由とトナカイの意味

2017年20代彼女が喜ぶクリマスプレゼントと相場はいくら?

2017年30代の女性に人気のクリスマスプレゼントは?相場はいくら?




コメントを残す