日本のクリスマスは変わってる?海外との過ごし方の比較

クリスマスと言えばどのようなことをしますか?

クリスマスツリーを飾り、恋人や子供にプレゼントを買う。クリスマスケーキやケンタッキーのようなチキンを食べる。

大体こんな感じでしょうか??

実はこのクリスマスの過ごし方は日本独特のものなんです。

クリスマスは海外から伝わってきたものですから、海外もこのような感じなのかと思っていましたが、かなり違いがあるんですよ。

今回はクリスマスの過ごし方の海外との違いを比べてみました。




ちょっと変わった日本のクリスマス

私たちが当たり前のように毎年過ごしてきたクリスマスですが、海外の方が見るととっても変わっているようです。

最近では11月頃から街はクリスマスイルミネーションが輝き、お店でもクリスマスグッズが店頭に並びますね。

家庭でも12月中旬頃からクリスマスツリーを飾り始めます。

12月24日のクリスマスイブを過ごすのは恋人とという方が多いのではないでしょうか。

小さなお子さんがいるご家庭は家族でクリスマスパーティーをするという人がおおいですよね。

そしてクリスマスケーキやケンタッキーフライドチキンを食べます。

恋人たちはプレゼントを交換して、小さなお子さんは枕元に置かれたプレゼントを25日の朝に発見し喜ぶ。。

これが日本の一般的なクリスマスの過ごし方です。

日本人はクリスマス当日よりも24日のイブを重要視する傾向も高いです。これは恋人と一緒にクリスマスの朝を迎えたいと考える人が多いというのが理由です。

また12月25日が終ると、そそくさとクリスマスツリーを片付け、お正月準備に入るのも日本の特徴です。

日本のクリスマスの特徴

・12月24日のクリスマスイブが重要視される
・クリスマスケーキを食べる
・ケンタッキーなどのチキンを食べる
・恋人と二人きりや家族でこじんまりと過ごす
・プレゼントは1人1つで大人はもらえない事が多い

ちょっと意外!アメリカのクリスマス

アメリカのクリスマスはとっても豪華なイメージがありますよね。

アメリカの街ではハロウィンが終わり、11月半ば過ぎにはクリスマスのイルミネーションが輝きます。その辺りは最近の日本と同じでしょうか。

しかしクリスマスは日本とはちょっと違い、24日のクリスマスイブには親戚中が集まり豪華な料理を囲んで皆でおしゃべりをしたりプレゼントを渡しあいます。

親戚中が集まるためプレゼントは1人2~3個、親戚が多い人は10個とかもらえちゃうみたいです!ちょっとうらやましいですね。

そして12月25日はクリスマスのお祝いで休日となりお店はほとんど閉まっているため家族や親戚とのんびりと過ごすそうです。日本のお正月のような感じでしょうか。

アメリカのクリスマスではケンタッキーフライドチキンは食べないそうです。日本ではこの時期予約なしに買う事はとても難しいですよね?アメリカではクリスマスの時期のケンタッキーは閑散期にあたるそうです。

またクリスマスケーキも食べません。ちょっと意外ですよね。

アメリカのクリスマスで食卓に並ぶのは、七面鳥、羊肉、牛肉などです。クリスマスケーキはありませんが、クッキーを焼いて食べたり、友人に配ったりするそうです。

そしてクリスマスが終った後も日本のようにツリーをすぐに片付けることはありません。少なくとも12月中はそのまま飾っていて、1月に入っても飾っているご家庭もあります。

アメリカのクリスマスの特徴

・12月25日のクリスマス当日が重要
・恋人と二人きりより、家族や親戚が集まりお祝いする
・七面鳥、羊肉、牛肉を食べる
・クリスマスケーキはなく、クッキーを焼いて食べる
・プレゼントは1人何個ももらえる




絶対家族と!イタリアのクリスマス

イタリアには敬虔なカトリック教徒が多くいらっしゃいます。

キリストの誕生祭であるクリスマスは1年の中でも最も重要な日に位置付けられています。

イタリアでも11月半ばころから街中クリスマスイルミネーションが輝きます。

イルミネーションも暖色系で日本やアメリカよりも温かみのある感じですね。


画像引用:http://visitaly.jp/

イタリアでは家族で過ごす時間をとても重要に考えており、一年で最も重要なクリスマスの日は家族で過ごすことが当たりまえになっています。

イタリアではクリスマスは休日になりますのでほとんどの方がお休みです。

お店も25日にはほどんどが休みになってしまいますので街は静まり返った感じになります。日本の元旦のような感じでしょうか。

12月24日のクリスマスイブには家族や親戚が集まり、ご馳走を囲んでパーティーをします。

そして25日の朝にクリスマスツリーの下に置かれたプレゼントを皆で明けて楽しむそうです。

やはり親戚が集まるため、アメリカと同様1人で何個もプレゼントがもらえちゃいます。

イタリアでクリスマスに食べるものと言えば魚料理や野菜料理です。クリスマスに魚??と思ってしまいますが、カトリックではキリストの誕生の前日は体を清めるという意味があるそうです。

またイタリアにもクリスマスケーキはなく、イタリアの伝統的なスイーツである「パネトーネ」を焼いて食べます。

パネトーネとはブリオッシュ生地にドライフルーツを混ぜこんで焼き上げた素朴なパン菓子のことです。

日本のクリスマスケーキのようにデコレーションはされていません。


画像引用:https://www.mylohas.net/

 

イタリアのクリスマスの特徴

・12月25日のクリスマス当日が重要
・家族と過ごすことが当たり前!
・肉料理ではなく魚料理や野菜料理を食べる
・クリスマスケーキはなく、パネトーネを焼いて食べる
・プレゼントは1人で何個ももらえる

まとめ

いかがでしたか?3つの国のクリスマスを比較してみましたが、日本だけがなんか変わっているような感じがしてきませんか?

外国の方は家族との時間を大切にするようで、日本では一番薄れてきてしまっていることのような気がします。何だか寂しいですね。

しかし日本のクリスマスの特徴である、チキンやクリスマスケーキはどこの国にもない素晴らしいものだと私は誇りに思っています!

【関連記事 】

サンタクロースの由来や起源は? 赤い服の理由とトナカイの意味

クリスマスの意味や由来 イブとどっちが重要?ケーキはいつ食べる?

2017年!コンビニで予約できるクリスマスケーキを比較!

2017年20代彼女が喜ぶクリマスプレゼントと相場はいくら?

2017年30代の女性に人気のクリスマスプレゼントは?相場はいくら?

2017年40代女性に人気のクリスマスプレゼントは何?相場はいくら?

クリスマスプレゼントは返品できる?気に入らなかったときの対処法

彼氏にもらってガッカリなクリスマスプレゼント!趣味が悪い例を紹介

彼女にサンタコスプレして欲しい?彼氏が喜ぶクリスマス衣装!




コメントを残す