お歳暮を贈る時期や意味や由来は?お中元との違いや両方贈るべき?

シェアする

毎年一年の終わりに訪れるお歳暮の時期ですが、皆さんはどなたかに贈っていますか?

お歳暮にはどのような意味があるのかはご存知でしょうか?また夏の時期のお中元との違いは何なのでしょうか?

どちらも贈り物を贈るべきなのでしょうか?

今回はそのような疑問にお答えいたします。

スポンサード
>

お歳暮の意味や由来は?

お歳暮という言葉の由来は年末、年の暮れという意味である、「歳暮(さいぼ)」からきています。

昔は暮れになると一年間お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるために、歳暮周りと呼ばれる挨拶周りをしていました。しかし近年ではデパートや通販などから直接お相手に贈ることがほとんどとなりました。

そして現在ではお歳暮で贈る品物を「お歳暮」と呼ぶようになりました。

お歳暮を贈る時期は

お歳暮を贈る時期は地域によっても多少ことなりますが

一般的には12月上旬から12月20がシーズンとなっています。

関東では贈る時期を早める方が多く12月に入るとすぐに届くよう手配する方も増えてきているようです。

お歳暮は年末の忙しい時期にと被らないようにしたり、年末は不在にすることも多いことから12月20日までに贈るのが理想です。

しかしどうしても間に合わないという場合には少なくとも12月25日までには届くようにしましょう。

万が一お歳暮の時期を過ぎてしまったら?

お歳暮という表書きは12月31日に届く場合にも用いることができます。

もし12月31日を過ぎてしまうという場合には熨斗の表書きを変えましょう。

・1月1日~1月7日(元旦~松の内)までに届く場合は「御年賀」

・1月8日~2月4日頃(松の内~立春)までに届く場合は「寒中御見舞」「寒中御伺 」となります。

※関西では1月15日までが松の内とされていますので、1月1日~1月15日までが「御年賀」となります。

お歳暮を贈る相手は?

お世話になった職場の上司、仲人、恩師、離れて暮らす義両親、親戚などに贈ることが一般的です。

しかし最近の企業は心のこもっていない形式だけの贈り物をする儀礼を廃止するという、虚礼廃止の規定を設けている所があります。

そのため上司にお歳暮を贈ろうと考えている場合はご自身の会社にそのような規定がないかを事前に確認する必要があります。

虚礼廃止に該当するものは、お中元、お歳暮、年賀状、義理チョコなどになります。

また公務員の方も贈答は禁止されていますので、恩師の方にお歳暮を贈る時にも注意が必要です。

お歳暮のマナー

お中元やお歳暮のように何度でも繰り返し行われるお祝い事には「紅白の蝶結び」ののし紙を使います。

右上にのし飾りがあり、紅白5本の水引きがのものが一般的です。

水引きの下段に送り主の名前を書きます。↓こちら

また商品の包装紙の内側にのしをかけることを内のしと言い、包装紙で包んだ後にのしをかけることを外のしと言います。

お歳暮ではどのような目的で贈ったかすぐにわかる外のしが一般的ですが、最近では宅配でお相手に直接お送りすることが多いので内のしを利用する方が増えています。

持参する場合には外のしにするとよいでしょう。

喪中の方へのお歳暮は?

お歳暮は一年間お世話になった方へ感謝を伝える贈り物ですので、喪中の方へお歳暮を贈ることは問題ありません。

しかし万が一お歳暮の時期を過ぎてしまった場合に、「御年賀」として贈ることができません。

御年賀の「賀」という文字にはお祝いという意味があり、喪中の方が使う事、そして喪中の方へ贈ることもできないからです。

その場合は松の内(関東では1月7日、関西では1月15日)を過ぎてから「寒中御見舞」、「寒中御伺」として贈るようにしましょう。

お中元とお歳暮の違い

お中元もお歳暮も日頃お世話になっている方へ感謝するという目的があり、贈る時期が違うという事以外はそれほど大きな違いはありません。

お中元は一年の上半期を終え日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えつつ、暑い夏を無事過ごせるように願うという意味も込められています。

しかしお歳暮は一年の締めくくりとして感謝の気持ちを伝え、来年も引き続きよろしくお願いしますという意味が込められており、お中元よりも贈り物にかける値段を高くする方が多いようです。

お歳暮とお中元は両方贈るの?

夏にお中元を贈った相手へはお歳暮も贈るべきなのでしょうか?それともどちらかひとつでよいのでしょうか?

基本的にはお中元を贈った相手にはお歳暮も贈るというのが一般的です。

お中元よりもお歳暮の方が贈り物の値段を高く設定するようにします。

どちらかを省略する場合にはお中元を省略し、一年の締めくくりであるお歳暮を贈るようにしましょう。

またお中元やお歳暮は一度贈るとなかなかやめづらいものです。多くの人に贈るのではなく狭い範囲で、また無理のない金額の設定をしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?お歳暮やお中元は日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えるという昔からある風習だったんですね。

最近では年賀状は送らずにメールだけになったり、若い方はお中元やお歳暮は一切送らないという方も多いのではないでしょうか。

ご自身が負担に思わない程度に、このような昔からの風習も行っていきたいですね。

【関連記事】

お中元はいくら位が目安?金額の相場と贈って良いもの悪いもの。

お中元はいつ誰に贈るの?贈る時期や相手についてのマナー

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。