牡蠣は海のミルク!栄養や効果・効能 食べ過ぎは痛風になる?適量は?

今が旬の牡蠣。生カキやカキフライ、牡蠣鍋などなど、牡蠣好きにはたまらない季節ですね。

牡蠣は海のミルクとも言われることから、栄養価が非常に高い食べ物としても知られています。

一体どのような栄養が含まれていて、体にはどのような効果があるのでしょうか?

また牡蠣を食べ過ぎるとなにか悪影響はあるのでしょうか?




牡蠣に含まれる栄養素

牡蠣にはビタミンB1・B2・B12をはじめとするビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラル、アミノ酸、タウリン、グリコーゲンという体にいい栄養素を豊富に含む食材です。

また牡蠣100gで1日に必要なたんぱく質の2/3、カルシウムは1/3が摂取できてしまうのです。牡蠣100gはむき身で大体5個前後になります。

人間の体はすべてたんぱく質でできており、生命を維持するうえで必要不可欠な栄養素です。

そのたんぱく質はアミノ酸によってできています。

牡蠣に含まれるたんぱく質は体内では合成できず食品からしか摂取することができない必須アミノ酸をはじめとした18種類ものアミノ酸を含んでいます。

また牡蠣100gで1日で必要なリンが全量、鉄分やヨードにおいてはなんと4倍もの量を摂取することができるんです。

 

牡蠣の効果や効能

それでは牡蠣を食べることで得られる効果や効能にはどのようなものがあるのでしょうか?

特に女性には嬉しい効果が沢山あるんです。

肝臓を強化

牡蠣には肝臓の機能を高めるグリコーゲンやタウリン、ビタミンB12を豊富に含んでいます。

冬の時期にはどうしてもお酒を飲む機会が増えてしまいますよね。

そんな時には牡蠣を食べて肝臓を肝機能を改善しましょう。

また二日酔い予防にもなりますので、お酒のおつまみに牡蠣料理を一品注文するのもお勧めです。

 

貧血予防

日本人女性の4人に1人は貧血と言われています。

特に現代の女性は食生活も偏りがちで特に深刻な鉄不足といえます。

牡蠣には鉄、ビタミンB12、銅、葉酸などの造血に必要な成分をバランスよく含んでいます。また鉄不足による貧血は疲労感や精神不安定を引き起こすためそのような症状にも効果があります。

 

免疫力アップ

牡蠣に含まれる亜鉛は、免疫力を高めるため風邪の予防には不可欠な栄養素です。

また亜鉛には粘膜を保護するビタミンAを体内にとどめる作用があり、のどの痛みや鼻水・鼻づまりなどの症状を和らげてくれます。

 

精神安定効果

イライラするとカルシウム不足なんてよく言われますが、実際にカルシウムが不足すると現れる症状として、イライラ、精神不安定、うつ症状、不眠、動悸などがあります。

牡蠣にはカルシウムが多く含まれており、またカルシウムと同時に摂取することが必要であるマグネシウムも多く含まれています。

マグネシウムも精神安定には不可欠な栄養素であり、イライラ、不眠、うつ症状、などに効果があります。




牡蠣を食べ過ぎると危険?

こんなにいいことづくめの牡蠣ですが、たくさん食べても問題ないのでしょうか?

牡蠣には100g中に175mgのプリン体が含まれています。

その為尿酸値が高めのかたは痛風の原因となってしまいますので食べ過ぎには注意が必要です。

また体調のすぐれない方や、小さなお子さん、高齢者の方はノロウィルスに感染する可能性があるので必ず加熱処理をして食べるようにしましょう。

「85℃で1分以上の加熱調理をする」とウィルスを不活性化させることができます。

あくまでも牡蠣の中心部分を85℃以上で1分以上加熱する必要があるので、フライの場合は中心に熱が行くまでに時間がかかるので、4~5分程度揚げるのが理想的です。

また牡蠣には亜鉛が多く含まれていますので、食べ過ぎることにより亜鉛の過剰摂取となります。

亜鉛の過剰摂取によって起こる症状は嘔吐・下痢・腹痛・頭痛などです。また亜鉛は薄毛対策としても効果的ですが、大量に摂取すると女性の場合体毛が濃くなる可能性があるので注意が必要です。

 

牡蠣の1回の適量は?

理想的な1回の牡蠣の摂取量は5個前後となります。

大体定食屋さんのカキフライも4~6個くらいの所が多いですよね。

まずは尿酸値が高めの方は牡蠣5~6個でプリン体が175mgとなります。

一日のプリン体摂取量は400mgが目安となり、そのほかの食品から摂取するプリン体も考慮するとあまり食べ過ぎない方がいいということがわかります。

 

また亜鉛の摂取量で考えると、一日に必要な量は10~12mgとなります。これも牡蠣5個前後で摂取できる量になります。

しかし毎日欠かさず牡蠣を食べるという人はいないかと思うので、1回に5個以上食べたからといって健康に悪影響が出るというわけではありませんのでそこまで神経質になる必要はありません。

私も牡蠣は大好きなので、牡蠣鍋なんかやると10個とかは軽く食べてしまいますが、特に体調が悪くなったことはありません。

しかし体質もあるかと思うので、極端に沢山食べるのはやはりお勧めできません。

 

【関連記事】

梨の皮は食べる?肉が柔らかくなる?梨に含まれる栄養や効果・効能

秋茄子は嫁に食わすなの意味と普通の茄子との栄養素や味の違い

秋の味覚の柿!驚くべき美肌効果やむくみ予防も!食べ過ぎには注意

松茸の旬はいつ?高い理由や相場、安くなる時期はいつ頃?

さんまの旬はいつ?特に栄養がある内臓はアンチエイジング効果も!




コメントを残す