保阪尚希の調理器具ラ・クッカーとは?通販コンサルになった理由は?

シェアする

保阪尚希さんといえば90年代を代表する俳優さんです。

映画やドラマ、CMなどに多く出演されていましたが、そういえば最近テレビで見かけることがなくなりましたね。

一体どこで何をしているかと思ったら、現在は通販コンサルタントとして活躍されて大ヒット商品も開発したそうです!

一体どのようなものなのでしょうか?

スポンサード
>

保阪尚希プロフィール


画像引用:https://matome.naver.jp/

生年月日:1967年12月11日(現在49歳)
出身地:静岡県静岡市
出身校:明治大学付属中野高等学校定
身長:180cm
血液型:A型
デビュー:1986年

1986年にテレビドラマ「チェッカーズ・イン・涙のリクエスト」へ出演し芸能界デビューをします。

1992年に出演した映画『パ★テ★オ』では二役を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

また1994年に出演したテレビドラマ『家なき子』の教師役でも話題になりましたね。

しかし2000年に腹膜炎による内臓破裂に襲われ命の危険にさらされたそうです。手術を行い一命をとりとめ回復し芸能活動も続けていました。

また元々料理や健康に興味があったようで、関連する活動もするようになりました。

保阪尚希の肩書は通販コンサルタント

保阪尚希さんは一般女性と結婚していましたが離婚し、女優の高岡早紀さんと1996年に再婚します。

二人のお子さんに恵まれますが、高岡早紀さんと布袋寅泰さんとの不倫が報じられ2004年6月に離婚しました。

離婚後もお子さんの事を考えて同居生活を続けるという、奇妙なお二人の関係が話題になりましたね!

保阪尚希さんは7歳の頃両親が自ら命を絶ち亡くなられています。

突然自分の前から親がいなくなるという辛い思いをお子さんたちにさせたくないという思いからだったようです。

徐々に会う時間を減らしていき、半年間かけて同居生活を解消しました。

また2007年には亡くなられたご両親の供養の為に出家したことでも話題になりました。法名は尚陽(しょうよう)。

芸能活動を続けながら1年間出家し供養が終ったのちに法名を返納し、僧侶としての活動もやめたそうです。

その後あまりテレビで見かけないと思っていたら、通販コンサルタントとして大活躍されていたのです!!

保阪尚希が開発した調理器具ラ・クッカーとは?

ラ・クッカーとは蒸す、煮る、炊く、茹でる、保存するの5役を1台で行う事ができる便利な調理器具です。

この調理器具は、特殊な形をした水無で調理できるタジン鍋の原理を利用して作られたそうです。

わずか10分でホクホクの肉じゃがができちゃうそうですよ!

そんなの便利なものだったら結構高いのかな??なんて思ったんですが、お手頃な値段で買うことができるんですね。

なんでも「ラ・クッカー」はこれまでに50万個以上を売り上げ、多い日では1日1億7000万円の売り上げを達成したこともあるそうです!

っていうことは保阪尚希さんは、芸能界から消えたのではなく、芸能活動をする必要がなくなったっていうことなんでしょうね。

保阪尚希が通販コンサルタントになった理由

保阪尚希さんは俳優としてブレイクしていましたが、なぜ通販コンサルタントという職業を選んだのでしょうか?

保阪尚希さんが俳優として活躍していたのは30代の頃でした。

その頃は多忙を極めており、1日の睡眠時間が30分なんてこともザラだったそうです。

そんな中に先ほどもご紹介したように腹膜炎による内臓破裂を起こし命が危険な状態になってしまいました。

お医者様にも「あと少し遅かったら死んでいた」と言われたほどだったそうです。きっと体が悲鳴をあげていたんですね。

それにより健康を意識するようになり、元々料理が得意で達人と言われるほどの腕前だとか。

そんなことから忙しい現代人にの生活に会うような調理器具を開発した問う事です。

保阪尚希さんが扱う商品は健康に関するものばかりということですよ!

【関連記事】

榎木孝明の若い頃が気になる!妻は鈴木てるえで性格はケチ??

松田悟志の嫁は辺見えみりでははない!美人な妻の年齢や画像は?

宮崎勤役の坂本真の出演作品や嫁はどんな人?性格は極度の潔癖症

マツコの知らない世界で紹介されたパンきり包丁やタンブラーが欲しい

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。