やせ菌は納豆やヨーグルトで増える?食べ物や飲み物で効果を出す方法

シェアする

食べている量はそんなに変わらないのに痩せている人と太っている人がいると思いませんか?

私の会社にもランチにはカレーライスやラーメンの大盛りを平らげ、仕事中もチョコレートを常につまんでいる女性がいますが、何故かとってもスリムです。

なんて羨ましい体質なんだろうと思っていましたが、実は本当にそういう体質の人って存在するそうです。

その体質とは腸内に「やせ菌」がたくさんいる人のことなんです。

「やせ菌」なんて初めて耳にしましたが、この「やせ菌」は誰の腸内にもいるそうで、増やすこともできるそうなんです!

今日は「やせ菌」を増やす方法について調査してみました!

スポンサード
>

やせ菌とは?

腸内には様々な腸内細菌が存在します。

この腸内細菌の中に「やせ菌」と呼ばれる、スリムな人が多く持つ細菌がいることがわかったのです!

腸内細菌には、「善玉菌」、「悪玉菌」、そして「日和見菌」の3種類に分けることができます。

善玉菌・・・腸内の環境を良くしてくれる菌。ビフィズス菌やフェーカリス菌やアシドフィルス菌など。

悪玉菌・・・腸内の環境を悪くして、悪玉菌が増えると体のあらゆるところに悪影響を及ぼします。ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など。

日和見菌(みよりみきん)・・・善玉菌、悪玉菌のどちらか優位なほうへつき、同じ働きをする菌です。バクテロイデス、ユウバクテリウムなど。

そしてやせ菌と呼ばれるものの正体は、善玉菌の「ビフィズス菌」、日和見菌の「バクテロイデス」で、この二つの細菌が腸内に多く存在する人は、食べても太りづらいということがわかったのです!

ということは「やせ菌」を腸内に増やすことによってあなたも太りづらく痩せやすい体を手に入れることができるのです!!

やせ菌が増えると太りづらい理由

人がどのようにして肥満になっていうのかというと、脂肪は血管を通って全身に運ばれて行きますが、この脂肪を体内の細胞が取り込んでどんどん巨大化していく、これこそが肥満なのです。

しかしやせ菌である「ビフィズス菌」や「バクテロイデス」はこの脂肪の取り込みをブロックしてくれる「短鎖脂肪酸」を作り出してくれるのです。

そもそも腸内細菌は私たちが食べたものをエサにして様々な物質を作り出すのですが、ビフィズス菌やバクテロイデスが作り出す「短鎖脂肪酸」は天然の「痩せ薬」とも言えるくらいのパワーがあります。

食べても食べても太りづらい人というのは、このビフィズス菌、バクテロイデスという二つのやせ菌が多く腸内に存在する人であると言えるのです。

やせ菌の増やし方

やせ菌であるビフィズス菌やバクテロイデスを増やすにはどのようなことをすればいいのでしょうか?

これらの腸内最近は誰の体内にも存在する常在菌ですが、その数には個人差があります。

腸内細菌は私たちが食べたものをエサにしていますので、やせ菌が増えるような食生活を毎日していくことが重要になります。

一体どのようなものを食べればいいのでしょうか?

1.水溶性食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性があります。どちらもバランスよく摂取することが理想的ですが、やせ菌を増やすためには特に水溶性食物繊維を多く取ることを心がけましょう。

天然の痩せ薬である短鎖脂肪酸を作るためには水溶性食物繊維が不可欠となります。

水溶性食物繊維を多く含む食品

・アボカド
・こんにゃく
・きのこ類
・海藻類
・ごぼう
・オクラ
・切干大根
・納豆 など

2.発酵食品

発酵食品には腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きがあります。

善玉菌を増やしてくれるということはやせ菌であるビフィズス菌が増え、日和見菌であるバクテロイデスも善玉菌の味方となり働いてくれるというわけです。

発酵食品には

・納豆
・味噌
・キムチ
・チーズ
・漬物
・マッコリ
・ワイン など

3.オリゴ糖

善玉菌の好物は糖類でエサとして食べ活動的になります。糖類の中でもオリゴ糖は分子が3~10個位の「少糖類」になります。これに対し一般的なお砂糖は分子が2つの「2糖類」です。分子が二つだと腸へ届くまでに分解されてしまい、善玉菌のエサにならないのです。

オリゴ糖は腸まで分解されずにしっかりと届くため、善玉菌の90%を占めるビフィズス菌のエサとなり腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖を多く含む食材

・ヤーコン
・きな粉
・はちみつ
・ごぼう
・あずき
・いんげん
・えんどうまめ など

オリゴ糖を含む食材もありますが、甘味料としても多く販売されていますので手軽に摂ることができます。

ヤーコン↓

4.乳酸菌

乳酸菌はやせ菌であるビフィズス菌やバクテロイデスの大好物でエサとなります。

乳酸菌は生きたまま腸に届けることが大切と言われてきましたが、最近では死んでしまった乳酸菌=死滅菌の働きも注目されています。

この死滅菌こそが腸内の善玉菌のエサとなり、働きを活性化してくれるのです。

しかし1回や2回乳酸菌を摂取したからといってすぐに効果があるわけではありませんので継続して続けることが必要です。

乳酸菌といえばヨーグルトや乳酸菌飲料がありますよね。

あまり効果がないかな??と思っても少なくても1ヶ月は継続して摂取してください。

ヨーグルトだと1回の目安の量は200gになります。

プレーンヨーグルトに、オリゴ糖をかけて食べると続けやすいかもしれませんね。

やせ菌を増やす上での注意点

やせ菌を増やすためには食生活の改善が重要ということが分かりましたね。

その他にも気をつけなければならないことがありますのでご紹介します。

ファーストフードは食べ過ぎない

ファーストフードには脂質、塩分が多く含まれています。これらはやせ菌ではなくファーミキューテスというデブ菌を増やしてしまうことになります。

またファーストフードには保存料などの食品添加物も含まれておりこれらは腸内細菌に悪影響を及ぼすと言われています。

やせ菌を増やしたいのであれば出来るだけ食べない方がいいでしょう。

人工甘味料は控える

カロリーゼロの人工甘味料。ダイエットには大きな味方のように感じてしまいますよね。しかしこの人工甘味料は継続して摂取すると腸内環境を悪化させやせ菌を減らしてしまうのです。

少しくらいなら特に問題ありませんが、大量に摂取したり、続けて飲むのはやめたほうがいいですね。

人工甘味料なのかどうかの見分け方としては成分表示に

・アスパムテール
・アセスルファムカリウム
・スクラロース

このような記載があればそれは人工甘味料です。

参考にしてください。

ダラダラ食べることをやめる

一日中食べ物を与えられたマウスは、善玉菌が減少し、デブ菌が大幅に増加してしまったという実験結果があるそうです。

また食事と食事の間に空腹の時間があったマウスは腸内細菌の料や種類に変化は見られなかったそうです。

口寂しくて、いつも何かをつまんでいるとやせ菌が減ってデブ菌が増殖することになりますのでダラダラと食べ物を食べるのはやめましょう。

抗生物質を飲みすぎない

抗生物質はやせ菌を減らしてしまうということがわかっています。

処方されたお薬はきちんと飲みきることが重要ですが、それ以上に自己判断で抗生物質を飲むことは避けましょう。

まとめ

今回はやせ菌の増やし方をご紹介しました。やせ菌は私たちが食べたものをエサにして短鎖脂肪酸という天然の痩せ薬を作り出してくれていたんですね。

やせ菌を増やすためには、水溶性食物繊維・発酵食品・オリゴ糖・乳酸菌を摂取することが重要ですが、これらを食べればすぐにやせ菌が増えるというものではありません。

長期的に腸内環境を改善していくことが重要ですから、すぐに諦めずに気長に続けていきましょう。

【関連記事】

保仙直毅の年齢や経歴が気になる!妻や家族についても調査!

新型骨粗しょう症の原因や症状は?予防法や対策もリサーチ!

主治医が見つかる診療所~若返り菌で10歳若返る!美肌やがん予防

便秘を解消し長寿菌を増やす食べ物は?その原因、Xにあり!の腸活

指ヨガの効果とやり方 便秘解消やアンチエイジングにも!

湯たんぽが人気の理由や女性へ嬉しい効果とは?お勧めはどれ?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。