保仙直毅の年齢や経歴が気になる!妻や家族についても調査!

シェアする

新しい免疫療法で血液がんの一種を治療することをマウス実験で成功した大阪大学の保仙直毅准教授が話題になっています。

今回の保仙直毅准教授の実験では血液のがんである「多発性骨髄腫」に効果がある治療方法の実験に成功したそうですので、この病気に苦しんでいる人にとってとても明るいニュースとなりましたね!

今回は保仙直毅さんについて調査をいたしました!

スポンサード
>

保仙直毅(ほせん なおき)准教授の経歴

大阪大学医学部を卒業され、現在は大阪大学大学院医学系研究科 癌幹細胞制御学講座の准教授をされています。

なんか漢字ばかりでとても難しいですが、がん細胞の研究をされているお医者さんということですね。

日本内科学会と日本血液学会所属しているそうです。

経歴と言っても現在わかっている情報はこのくらいでした。

スポンサード
>

保仙直毅准教授の年齢は?

とっても気になるのが保仙直毅さんの年齢はおいくつなのか・・・ということですよね。

こんな偉大な研究をしている方ですから、それなりに年齢を重ねている方なのではないか、と予想できるのですが実際のところはどうなのでしょうか?

調べてみましたが、保仙直毅准教授の年齢については公開されていませんでした。

しかしある医学のサイトで大学を卒業した年が1994年とありました。

医学部は通常6年制ですから、ストレートで入学したとして1994年の時点で24歳ということになります。

ということは現在は47歳の方ということになりますね。

大学入学までに浪人をしていたり、大学在学中に留年している可能性もなくはないので、47歳~50歳の間の方ということで間違いはないかと思います。

あるニュースサイトで保仙直毅准教授の画像も公開されていましたが、見た目も50手前という年齢で相応なのではないかと思いました。

興味のある方はこちらでご覧いただけます。→北海道新聞

そもそも准教授って何?

保仙直毅さんの役職は准教授ということです。准教授ってそもそもどのくらい偉いのでしょうか?

大学の役職は 助手・助教→講師→准教授→教授 という順番に偉くなるそうです。ということは保仙直毅さんは教授の次に偉いということになります。

准教授というのは助教や講師の時代に研究実績が良く論文をたくさん書いた方が助教授に昇格できるそうです。

また准教授になると自分の研究室が持て、自分の専門の研究や授業をすることがお仕事になるそうです。

ここで私が気になったのは、助教授っていう役職もあったけどそれは助教のことなの?ということです。

2007年に大学の役職に関する決まりが変わって、助教授がなくなり准教授になりました。

助教授という方が聞き馴染みがある方のほうが多いのではないでしょうか。

助教と助教授は全く別の役職で、助手という役職が2007年から助手と助教の2階層に別れました。助手は読んで字のごとく手助けをするのみで、助教は助手の仕事だけでなく教えることもできる人ということです。

保仙直毅さんは以前の呼び方だと助教授で、現在は「准教授」という教授の次の立場の方だということがわかりましたね。

しかし今回のように大きな研究成果を上げたということは教授になる日も近いのではないでしょうか?

保仙直毅准教授の年収は?

大学の准教授の方の年収はいくら位なのでしょうか?

一般企業で働いている人には全く想像もつかないですよね。

所属している大学によっても年収は多少異なるかと思いますが、一般的には次のような年収になるそうです。

助手・助教⇛600万円
講師⇛700万円
准教授⇛800万円
教授⇛1000万円以上

保仙直毅さんは現在47歳位だと思われますが、通常准教授になるのは30代~40代位だそうです。その年齢から考えると800万円という年収はかなり高額ですよね。

とは言え、私達には考えられないような研究をしたり、面倒くさい論文を大量に書いたりと一般人にはできないようなお仕事をされているわけですから、それを考えたらいくらたくさんお給料を貰っていたとしてもあまり割に合わない、好きじゃないとできないお仕事なのかもしれません。

保仙直毅准教授の妻や家族は?

保仙直毅さんには奥様やお子さんなどのご家族はいらっしゃるのでしょうか?

年齢を考えたら結婚をされ奥様や、大きなお子さんがいる可能性のほうが高いですよね。ましてや大変な研究をされていらっしゃるのでご家族の支えは必要でしょう。

調べてみましたが、保仙直毅さんがご結婚しているとか、お子さんがいらっしゃるという情報はみつかりませんでした。

そういった情報が出回っていないのも芸能人の方ではないので当たり前といえば当り前ですよね。

しかし!!!、一生懸命何か手掛かりはないかと調べていましたら、今回の免疫療法の実験成功のニュースで、保仙直毅准教授が記者会見をされている画像が掲載されているサイトがありました。

その画像の保仙直毅准教授の画像の左手の薬指には指輪がしっかりとはめられていました!

ということは、ご結婚はされているということになります。

それもそのはずですよね。これだけ頭がよくて、高収入で、画像で見る限り優しそうな方ですから、女性が放っておくわけないですよね。

興味がある方はこちらで、結婚指輪をしている画像をご覧いただけます。→北海道新聞

まとめ

今回はがん細胞について研究をされている保仙直毅准教授についてご紹介いたしました。

今回の新しい免疫療法の実験成功で保仙准教授は、

「医師主導治験を19年度にスタートさせることが目標だ」

と話していらっしゃるそうです。

っていうことは再来年ですよね。この治験を経て一般の人がこの治療を受けられるのが何年先になるのかは私には全くわかりませんが、近い将来新しい治療方法で助かる人がたくさん増えることを願っています!

【関連記事】

村野武範をステージ4の末期ガンから救った陽子線治療の費用や特徴

ET-KINGのいときん末期の肺線癌!現在の症状や復帰の可能性は?

新型骨粗しょう症の原因や症状は?予防法や対策もリサーチ!

やせ菌は納豆やヨーグルトで増える?食べ物や飲み物で効果を出す方法

浅野まみこ(管理栄養士)の年齢や出身大学は?旦那と離婚しバツイチ?

ふるき産婦人科で発生した無痛分娩の医療ミス!硬膜外麻酔は危険?

スポンサード
>

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。