お墓参りの服装や持ち物、作法、お花の種類などのマナーについて

シェアする

そろそろ夏がやってきます。

今年もお盆で帰省しお墓参りに行くというかたも多いのではないでしょうか?

お墓参りはご先祖様が眠るお墓を綺麗にしたり

手を合わせご供養をするかと思いますが

正式な作法やマナーはご存知でしょうか?

今回はお墓参りのマナーについて解説いたします。

スポンサード
>

お墓参りの服装や持ち物

お墓参りに適した服装はあるのでしょうか?

特に決まった服装はありません。普段通りの服装でかまいませんが

派手すぎるものは避けるべきでしょう。

また高いヒールの靴も転倒の恐れがありますので避けましょう。

持ち物は

・お線香
・ライター
・仏花
・お供え物
・雑巾や歯ブラシなどの掃除用具
・数珠(なくても可)

このくらいです。

お墓参りの作法

それではお墓参りはどのようにしていけばいでしょうか?

お墓参りの時期や時間帯については
こちら↓で詳しく説明しておりますので参考にしてください。
お墓参りをする時期はお盆やお彼岸?時間帯に決まりはあるの?

お墓参りの手順
1.お墓の周りの雑草の草むしりやゴミを取り除く。

2.元々備えてあるお花やお供え物など古いものを片づける。

3.雑巾で墓石を拭く。細かい場所は歯ブラシを使用し綺麗にします。

※墓石に水をかけるという方、かけてはいけないという方がいます。
これは流派により異なるようですので、家のしきたりに従ってください。
ただしいくら故人が好きだったからと言ってお酒やジュースをかけるのは、
墓石を傷めるのでやめましょう。

4.綺麗になったら仏花、お供え物を供えます。

5.お線香に火をつけあおいで消して供えます。

※線香は束のまま火をつけます。こうすることにより供養されていない無縁仏が
近づきにくくなります。
※お線香は口で消さず必ず手で仰いで消します。人は生き物食すことによって生きている、その吐く息は汚れているとされているため、それを仏様に向けてはいけないとされています。

6.故人と関係の深かった人から順番に、手に数珠をかけしゃがんで合掌し供養します。

※最後の一礼を忘れずに!

7.供養が済んだら片づけをきちんと行い終了です。

※食べ物や飲み物を供えた場合は腐敗したりカラスが散らかす可能性があるので
きちんと持ち帰りましょう。
持ち帰ったお供え物は食べて構いません。お供えした食べ物には
いい波動があると言われています。

お供えする仏花の種類

お供えするお花に決まりはあるのでしょうか?

仏花にするお花は一般的には菊やカーネーション、ストックなどが

使われることが多いようですが特別な決まりはありません。

しかし避けた方がいい花はあります。

・あざみやバラなどの棘のある花

・ジンチョウゲ、クチナシなどの香りの強い花

・彼岸花、水仙などの毒のある花

このような花は基本的にはお墓参りでお供えするべきでないと言われていますが

故人が生前好きだったなどという場合には、お供えしてもいいようです。

大切なのはご先祖様を一番に考えることであり、細かい決まりやしきたりに

縛られることはないようですね。

仏花はお墓の両側に供えますので同じ花束を2束で1セットと考えましょう。

またお花の本数は3本、5本、7本などの奇数がよいとされています。

まとめ

お墓参りのマナーについて調べてみました。

思っていたよりもずっと堅苦しい決まりはなく

故人を思い自由にご供養をしていいという事でした。

最近お墓参りに行けていないな・・なんていうかたは

素敵なお花を買ってご先祖様に近況報告にお出かけされては

いかがでしょうか。

【この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます】

勤労感謝の日は働く人に感謝する日?本当の意味や由来、新嘗祭について

七五三のお祝いの相場と現金や品物を贈る際の注意点やマナー

七五三の初穂料の相場どの位?のし袋の書き方も!玉串料との違いは?

残暑見舞いを出す時期はいつ?暑中見舞いとの違いやマナーや文例

お墓参りをする時期はお盆やお彼岸?時間帯に決まりはあるの?

2017年はいつ?お彼岸の由来とおはぎを食べお墓参りをする理由

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。