夏のエアコン冷え対策!オフィスでの便利グッズや体を温める飲み物

シェアする

オフィスでの夏のエアコンによる冷え。

女性にとっては深刻な悩みですよね。

エアコンが効きすぎて寒い、、という場合や

体は暑いけどお腹や足などの下半身は冷える・・・

などという場合があるかと思います。

冷えは万病のもとといわれており女性にとっては、婦人病の原因となったり

またむくみやすくなるなど美容面にも影響を及ぼします。

こんな夏の冷えから体も守る便利なグッズをご紹介します。

スポンサード
>

オフィスでの夏のエアコン対策グッズ

オフィスで一番冷えを感じるのって足ですよね。

足が冷えると血行が悪くなり、生理痛や、むくみ、セルライトができる

原因にもなってしまいます。

リトルアース ボディポップ(body+pop)


画像:http://item.rakuten.co.jp/

こちらは健康サンダルです!

足の裏は第二の心臓とも呼ばれるており

心臓から足先まで送られてきた血液が、また心臓へ戻っていくという

折り返し地点です

また様々な臓器や期間のツボがあることからも足の裏は健康の上で

非常に大切な場所なんです。

このサンダルには約1000個の突起がついており

足全体を心地よくマッサージします。

ということは血行が良くなり足の冷え対策にもなるんです。

オフィスでも使えるバックストラップ付です。

デザインもとっても可愛いですよね。

USB あったかブランケット 【 WG-BL01 】


画像:http://item.rakuten.co.jp/

こちらはUSBで充電ができるブランケットです。

32℃~37℃の程よい暖かさなので、夏場のエアコンの

効きすぎている室内でも使いやすいです。

会社のUSBは勝手に使えないっていう方も

スマホのバッテリーでも使えるものがありますので便利です。

お値段はびっくりの送料込みの1,000円です!

[絹]日本製冷え取り レッグウォーマー


画像:http://item.rakuten.co.jp/

こちらは裏地が絹になっているレッグウォーマーです。

オフィスでも使いやすいブラックです。

シルクは保温性、吸湿性、放湿性にも優れた天然素材です。

また解毒作用もあるので体内に溜まった老廃物を排出してくれるんです。

冷えでむくんでしまうという方にはピッタリですね。

日本製 シルクコットン腹巻


画像:http://item.rakuten.co.jp/

こちらはシルクとコットンを使用した腹巻です。

もこもこした腹巻は夏場にはちょっと暑いのですが

こちらは天然素材で夏でも爽やかで、

自然の暖かさで保温します。

薄手なのでアウターにも響きません。

お腹を温めると全身に暖かい血液が流れるので

全身を温めることに繋がります。

女性は子宮を冷やすことで婦人病にかかりやすくなったり

下半身が太りやすくなってしまいます。

夏場でもしっかり腹巻で温めましょう。

足の冷えない不思議なくつ下


画像:http://item.rakuten.co.jp/

ネーミングからすでにとっても気になりますが、

断熱素材が冷気を遮り、また足の温度は逃さない靴下です。

表地は水分を吸収し放出してくれる繊維を使用しているので

肌はべたつかずサラサラの状態を保てます。


画像:http://item.rakuten.co.jp/

こちらは超薄手なのでお仕事やお出かけにも使用できます。

オフィスでの飲み物で体を温める

体の中から冷え対策ができる飲み物をご紹介します。

体を温める飲み物は、

赤や黒など色が濃い飲み物、

寒い地域で作られている飲み物

などがあります。

例を挙げると

・生姜湯

・ほうじ茶

・黒豆茶

・紅茶

・烏龍茶

・ココア

・リンゴ・ニンジンジュース

・甘酒(麹使用)

・赤ワイン

・日本酒

などがあります。

さすがにオフィスでお酒を飲むわけにはいきませんが

いつもコーヒーを飲んでいる人はココアや紅茶に変えてみるのも

いいのではないでしょうか。

特に生姜紅茶はお勧めです。

生姜紅茶は体を温める効果の他にも

むくみの改善、腸内環境を整え便秘や下痢の改善、抑うつ効果

ダイエット効果があると言われています。

暑いからと言って冷たいん飲み物ばかりを飲んでいないで

一杯の生姜紅茶で体の芯から温めてください。

【この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます】

ガルガル期はいつからいつまで?旦那や義母が嫌な原因や乗り越え方

指ヨガの効果とやり方 便秘解消やアンチエイジングにも!

湯たんぽが人気の理由や女性へ嬉しい効果とは?お勧めはどれ?

寝坊する原因は体内時計の乱れ!二度寝を予防する効果的な方法

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。