七五三の初穂料の相場どの位?のし袋の書き方も!玉串料との違いは?

シェアする

七五三の準備は進んでいますか?

着物や美容院、カメラやビデオ、千歳飴、お祝いのお料理・・・などなど様々ですが、忘れてしまいがちなのが初穂料の準備です。

当日慌てて準備するという事がないよう事前にしっかりと用意しておきましょう。

スポンサード
>

初穂料(はつほりょう)とは?

初穂とはその年に最初に収穫した農作物のことで、神様に祈りを捧げる儀式の際に奉納されていました。

その初穂の代わりに神社に対し、祈祷やお祓い、祝詞の謝礼として奉納する金銭を初穂料といいます。

初穂料と玉串料の違いは?

神社に納める謝礼として「玉串料」というものもあります。

玉串とは榊の枝に紙垂(かみしで)を付けたもののことで、玉串料とは玉串の代わりに奉納する金銭のことを言います。

榊の枝に紙垂(かみしで)をつけたものをさし、神社において、参拝者や神職が神前に捧げるものです。玉串料はこの玉串の代わりとして納める金銭のことを言います。

七五三の場合には初穂料が一般的ですが、玉串料でも間違いではありません。

初穂料も玉串料も使う場面が決まっています。

初穂料・・・七五三、お宮参り、結婚式、各祈祷、厄払い、地鎮祭など

玉串料・・・通夜際、葬儀、七五三、お宮参り、結婚式、各祈祷、厄払いなど

このように初穂料はお祝い事の場面に使われることが多いので、神社から玉串料と指定がない場合には、七五三には初穂料が一般的となっています。

初穂料の相場は?

初穂料は一体いらくらい包むのが一般的なのでしょうか。

初穂料の相場は5,000円~10,000円が一般的となっています。

神社側で規定がなく、お祓いのみの場合には5,000円、

お祓いの後に縁起物やお守りなどを頂く場合には10,000円がいいでしょう。

規定がない場合にも電話で問い合わせれば、目安を教えて頂ける神社もありますので心配な場合は予約時に確認するといいでしょう。

七五三の初穂料の、のし袋の書き方

七五三の初穂料を納める時には白赤の蝶結びの、のし袋か白い封筒に入れます。

白い封筒の場合は郵便番号を書く、赤い枠がないものを準備します。

表書きには「御初穂料」と書きます。玉串料の場合には「御玉串料」。

そして下段にはお子さんのフルネームを書きます。

うっかりご自身の名前を書いてしまわないよう気を付けてください。

地域によっては年齢を書く場合もあります。

また兄弟が一緒に七五三を迎える場合には、1人1包みの初穂料が必要となりますので 、2人の場合は2包みとなります。


引用:https://eminews.jp/

筆記用具については、黒いボールペンや、万年筆、筆ペン、毛筆を使用します。

筆ペンや実際に墨を使用し書いた方が雰囲気も出ますよね。得意な方は是非どうぞ!

中袋の書き方

中袋の表の中央に金額を記入します。
金額が5,000円の場合には「金 伍千円」、10,000円の場合には「金 壱萬円」と縦に記入します。

中袋の左下部分には、住所と世帯主の名前を縦に書きます。縦書きなので番地なども漢数字で記入しますが、金額のように旧字体を使う必要はありません。

中袋の封は特にする必要はありません。〆などを書く必要もないそうです。


引用:http://ビジネスマナー.biz/

初穂料は新札を包むべき?お札の向きは?

初穂料に関しては必ずしも新札でなくてはならないという決まりはありません。

しかしあまりにもヨレヨレだったり汚れているお札は避けるべきでしょう。綺麗なお札に越したことはありません。

ご自身のお子さんの晴れのお祝いの日ですので是非とも新札を準備して成長をお祝いし、感謝の気持ちを捧げるのがいいのではないでしょうか。

またお札の向きは人物が表の上部にくるように入れます。

↓このような形。


引用:http://chiyokoweb.blog.fc2.com/

このように準備した初穂料は初穂料はふくさに包んで持参します。

祈祷の際には申込用紙に記入するという神社が多いようですので、その申込用紙を記入し提出する際に、ふくさから初穂料を取り出し一緒に出すのが正しい納め方になります。

その後の流れについては神社の方の説明通りにすればOKです!

まとめ

七五三はお子さんの成長をお祝いする大イベントです!準備することが多く、お父さんやお母さんは大変ですが、一番忘れてしまいがちなのが初穂料です!

当日バタバタとコンビニへ走る!!なんてことがないように事前にしっかり準備しておきましょう!

【関連記事】

七五三の準備はいつから始める?必要なものや事前に予約が必要な事

2017年七五三の混雑予想!お参りと六曜は関係ある?お勧めの日程は?

七五三を行う年齢は数え年?満年齢?早生まれや男女で違いはあるの?

七五三のお祝い返しは必要?時期や相場は?千歳飴が内祝に最適?

七五三のお祝いの相場と現金や品物を贈る際の注意点やマナー

七五三の父親と母親の服装は和装?洋装?失敗しない選び方!

残暑見舞いを出す時期はいつ?暑中見舞いとの違いやマナーや文例

お墓参りの服装や持ち物、作法、お花の種類などのマナーについて

お墓参りをする時期はお盆やお彼岸?時間帯に決まりはあるの?

2017年はいつ?お彼岸の由来とおはぎを食べお墓参りをする理由

お月見にお団子とススキを供える理由と2017年十五夜はいつ?

十五夜の意味と餅つきをするうさぎが月にいる由来について

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。