七五三を行う年齢は数え年?満年齢?早生まれや男女で違いはあるの?

シェアする

今年もそろそろ七五三の時期がやってきます。

今年七五三を迎えるお子さんをお持ちの親御さんは既に準備はされているかと思いますが、来年だったり、まだ何年後という方はどのような着物が似合うかなとか、お参りはどこの神社がいいかな・・・なんてウキウキ考えてらっしゃる段階かと思います。

そもそも七五三とはどのようなお祝いで、何歳に行うのか、、数え年なのか、満年齢なのか・・などなどわからないことだらけですよね?

今回はそんな疑問を解決していきます。

スポンサード
>

七五三とは?

七五三は子供の成長をお祝いし今後の健康をお祈りする行事です。

元々は関東だけで行われていた行事でした。昔は乳児の死亡率が高く、3歳、5歳、7歳まで生きていられるということはとても大変なことだったそうです。その歳まで無事に育ってくれてありがとうという意味で行われていたというのが七五三の始まりだそうです。

元々は11月15日に地元の氏神様にお参りへ行くというものでしたが、最近では10月中旬~11月中旬頃の大安に行われることが多いです。

またお参りする神社も氏神様にこだわらず有名な神社に家族でお参りをするという方も増えてきています。

お参りの後は写真館で記念撮影。そしてレストランやホテルなど普段ではちょっと行かないような所で食事をするというのが一般的です。

七五三を行う年齢は数え年?満年齢?

七五三は昔は数え年で3歳、5歳、7歳に行われていました。

数え年というのは生まれた年を一歳として新年を迎える度に一歳ずつ年齢が増える数え方です。

現在では満年齢で七五三を行うのが一般的になっています。

満年齢とは生まれた年を0歳として誕生日を迎える度に一歳ずつ年齢が増える数え方です。

しかし数え年、満年齢、どちらでやらなくてはならないという決まりはなく、兄弟同じ年に行えるよう、一人は数え年、もう一人は満年齢というように行うご家庭もあります。

また早生れのお子さんですが、同級生の子と同じ年に行うか、1年遅らせるかも特に厳格な決まりがあるわけではありません。

そのご家庭で違いはありますが、お友達同士で七五三の話題になった時に自分だけ入っていけない・・・というのは可哀想という理由から同級生と同じ年に行う人が多いようです。

男女でお祝いする年齢の違い

七五三は女の子は3歳と7歳に、男の子は3歳と5歳でお祝いをするのが一般的です。

男の子と女の子でお祝いする年齢が違うのには、その年齢ごとにお祝いする意味異なっているからです。

3歳(満2歳)・・・髪置きの儀(かみおきのぎ)

昔の赤ん坊は男の子も女の子も髪の毛は剃っており3歳になって初めて髪の毛を伸ばしていました。

赤ん坊の時に髪の毛を剃っておくと健康な髪の毛が生えると言われていたからです。

そのような理由から3歳になり髪の毛を伸ばし始めるお祝いとして「髪置きの儀」と言わてています。

5歳(満4歳)・・・袴儀(はかまぎ)の儀

5歳になった男の子が人生で初めて袴を着るお祝いとして「袴儀の儀」を行います。

江戸時代に袴は公の場で身に付ける正装であったため、この儀式を行うことにより男性として社会の一員になるという意味もありました。

7歳(満6歳)・・・ 帯解き(おびとき)の儀

女の子は7歳になると紐付きの着物から、成人と同じ丸帯をつけるようになります。この儀式として「帯解きの儀」が行われていました。

本裁ちの着物に丸帯は女性として社会の一員となるという意味もありました。

地域によっても違う七五三の風習

七五三を行う年齢や、時期に関しては地域や家ごとのしきたりによって異なることがあります。

元々育った地域であれば違和感もないと思いますが、地方に嫁いだ場合などはその地域の慣習を知っておくのも重要です。

珍しい地方の七五三の風習

ちょっとびっくりするような地方の七五三の風習や地域独特のものをご紹介します。

千葉の成田や銚子から茨城県にかけて

この地域の七五三はとってもゴージャス。

食事もレストランではなくホテルの結婚式会場を貸切ます。参列者はご祝儀を持参し、引き出物もでます!

主役の子供と両親は高砂の席につき、参列者にはフルコースの料理が振舞われるんだそうです!

一体七五三にいくらかかるんでしょうか・・・

関西地方

七五三の発祥は関東地方のため関西地方は簡素に行われることが多いようです。

関東地方では、神社へのお参り、祈祷をし記念撮影、食事会というスタイルが一般的ですが、関西地方は神社へお参りをして、千歳飴を買いに行くというくらいで終わらせるご家庭が多いようです。

また関東では3歳は女の子だけがお祝いするご家庭が多いですが、関西では男の子も女の子もお祝いするご家庭が多いようです。

私の実家は関東ですが、子供の頃の七五三は関西のスタイルでした。何十年も前の事ですからそこまで派手にお祝いする家庭は少なかったかもしれません。

北海道や東北地方

七五三は本来11月15日に行いますが、この時期の北海道や東北地方はとても冷え込んでいて、振袖や袴でお参りに行くのは寒すぎるため1ヶ月前倒しをして10月15日頃に行うご家庭が多いようです。

最近ではさらに前倒しをして9月に七五三を行うご家庭も増えているそうです。

北海道では10月や11月に初雪を観測しますからね。。七五三の日が雪というのは子供も親もかなり辛いです・・・

熊本の一部地域

一般的な七五三では

3歳の男女 髪置(かみおき)の儀
5歳の男の子 袴着(はかまぎ)の儀
7歳の女の子 帯解(おびとき)の儀 を行いますが、

熊本県の一部地域では、

3歳の男女 髪置(かみおき)の儀
4歳の男女 紐解(ひもとき)の儀
5歳の男の子 袴着(はかまぎ)の儀
7歳の女の子 帯解(おびとき)の儀

というように4歳の男女とも紐解(ひもとき)の儀という着物の着け紐を取り帯に替える儀式を行うご家庭があるそうです。

また熊本県では満年齢ではなく数え年で行うことが一般的ということです。

3歳、4歳、5歳と続くと大忙しですね!

まとめ

七五三といっても地域によっても様々だったんですね。

本来の目的は、子供の成長をお祝いし今後健康をお祈りするということですので、子供が元気に育ってくれて、七五三という行事を楽しんでくれれば言うことないですね!

地域や家庭によっての違いは、事前にご両親やママ友に聞いておくと安心ですね!

七五三の基礎知識や準備をしっかりとして、一生に一度の思い出を作りましょう!

【関連記事】

2017年七五三の混雑予想!お参りと六曜は関係ある?お勧めの日程は?

七五三のお祝い返しは必要?時期や相場は?千歳飴が内祝に最適?

七五三のお祝いの相場と現金や品物を贈る際の注意点やマナー

七五三の父親と母親の服装は和装?洋装?失敗しない選び方!

七五三の初穂料の相場どの位?のし袋の書き方も!玉串料との違いは?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。