梅原達也の結婚をリサーチ!妻と息子は?今現在と病気も解説!

シェアする

【関連記事】

新型骨粗しょう症の原因や症状は?予防法や対策もリサーチ!

恩田聖敬の経歴や現在は?難病ASLを支える妻はどんな人?

式町水晶の高校や大学はどこ?母や彼女についてもリサーチ!

伝説のロックバンド44マグナムのヴォーカルのポールこと梅原達也さんをご存知でしょうか?

37歳の時に難病のパーキンソン病を発症し、45歳の時に病気のことを告白し話題となりました。

ところで今日はクッキーの専門店へ行ってきましたが、11月だというのにすでにクリスマスの飾り付けがしてあり、サンタさんのお菓子が並んでいました。

最近ではハロウィンが終わるとすぐにクリスマスの飾り付けがされるようになりましたね!

私の住んでいる東京ではすでに街中キラキラです!

渋谷の東急前にはとっても大きなツリーが飾ってありました。

冬は街中がキラキラとしていて、見ているだけで幸せな気分になりますよね!

クリスマスが終わると次はお正月飾りになって、バレンタインになって、、、、なんてしているうちにすぐに春がくるんですね~

個人的には今の寒さでもう限界なので、今すぐ春になってもいいかななんて思っています。

それでは今回は44マグナムのヴォーカル梅原達也さんについてご紹介いたします。

スポンサード
>

梅原達也が結婚した妻や息子は?

梅原達也さんは現在56歳です。

ということは結婚している可能性の方が高いと思われますが実際はどうなのでしょうか。

調べてみましたが、梅原達也さんがご結婚されているという情報や、奥様についても全くありませんでした。

現在、梅原達也さんは一人暮らしをしているということですが、息子さんは3人いらっしゃるということなのです。

ということは、何か理由があって奥様とは

別居中なのか、もしくは離婚したのか、元々入籍もしなかったのか、、その辺りは明らかになっていないようです。

そして3人の息子さんのうちの1人が、2009年に44マグナムに新メンバーとして加入したスティーブさんなのです!

現在は梅原さんとツインボーカルとして活躍中です!

親子で同じバンドのメンバーだんなんて、憧れますね~

梅原達也さんも相当嬉しいのではないでしょうか。

今現在は?

44マグナムは1977年に結成され1983年にメジャーデビューを果たしました。

ビジュアル系バンドの先駆けで、X-JAPANなどにも影響を与えたとってもすごいバンドなんです。

1989年に一旦活動を休止し、梅原さんが41歳である2002年に活動を再開されますが、この頃すでにパーキンソン病を発症していたということになりますね。

冒頭でもご紹介しましたが、梅原さんがパーキンソン病を発症したのは37歳の頃だそうです。

そして現在の梅原達也さんは月に1回44マグナムとしてライブを行っているそうです。

もちろん現在も治療を続けていますので、体力が落ちないようトレーニングやリハビリは欠かせないそうです。

地域のソフトボールチームにも所属し早朝から練習もしているそうですよ。もちろん背番号は44番!

そこまでしても歌い続ける理由については、梅原さんが生きるということは音楽をやることだからだそうです。

聴いてくれる人が1人でもいれば歌い続けるそうですよ!

でも歌があるからこそ病気に立ち向かう力が湧くんですね!

パーキンソン病について解説!

パーキンソン病は原因不明で完治することはないと言われている病気です。

一般的には高齢者の方が発症することが多いそうですが、梅原達也さんは37歳で発症しましたので若年性パーキンソン病ということです。

パーキンソン病は脳内で信号を伝える物質であるドパミン神経細胞の量が減ってしまう病気ということです。

症状としては、手の震えや動作が遅くなる、バランスを取りづらくなるなどがあります。

症状はゆっくり進行していきますが、症状が進むと寝たきりとなり介助が必要な状態となってしまいます。

発症する確率は1000人に一人ということで、最初の頃は梅原達也さんも運命を恨んだり、うつの症状がでたりしたそうです。

それは誰だってそうなりますよね・・・私だったらそのまま寝たきりになってしまいます、きっと。

梅原達也さんは歌うために通常の20倍の量である1回15錠の薬を飲んでステージに立ち続けたそうです。

しかし大量の薬を飲んだせいもあり症状が悪化し、とうとうステージ上でも体が動かなくなってしまいます。

歌い続けるための最後の手段として2016年8月に脳に電極を埋め込む手術を行ったのです!

この手術は脳深部刺激療法(DBS)と言われるものだそうで、日本でも多くの方がこの手術を受けているそうです。

これにより梅原達也さんは2017年5月に見事復活ライブを開催することができたのです!

現在でも元気な頃の5割程度の体調で、歌も全盛期のようには歌えないようです。

それでもファンの方にとってみれば、病気になってもファンのために歌い続けているということが何よりも重要なのではないでしょうか。

まとめ

今回は44マグナムの梅原達也さんについてご紹介しました。

梅原さんはハートネットTVというテレビ番組に出演された時に、特効薬ができたり、自然に治ったりしたらいいなと仰っていました。

自然に治ることはないにしても、特効薬は本当にできてほしいです。

この病気に苦しんでいる方は日本には15万人いるそうです。

一日も早く治療法が確率することを願ってやみません。

スポンサード
>

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。