バレンタインの予算が気になる!彼氏や本命は?職場や夫も調査!

シェアする

【関連記事】

【関連記事】 お正月もそろそろ終わりに近づいています。 既にお仕事が始まっているという人も多いの...
【関連記事】 今日の東京は雪が降っています。 明日は大雪になる恐れがあるそうなので、学校や会社が休みにな...

先ほど近所のスーパーへ買い物へ行ってきました。

お菓子売り場の横にはバレンタインの特設コーナーがあり、すでに若い女性たちで混みあっていましたね~

2月に入ると、とっても混雑しそうなので私も早めに準備をしたいと思います!

しかしバレンタインというと、誰にあげようか?、、予算はいくら位?などなど、かなり頭を悩ませているという方も多いのではないでしょうか。

周りの人が一体どのくらいの金額をバレンタインに使っているか結構気になりますよね~

彼氏や旦那さんだけなら問題ないのですが、人数の多い職場に勤めている方なんかは結構出費がかさむというのも事実ではないでしょうか?

今回はみんながとっても気になるバレンタインにかける予算について調べてみました!

スポンサード

彼氏へのチョコレートやプレゼントの予算

まずは、バレンタインでお付き合いしている彼氏にいくら位の予算をかけるかを調査してみました!

義理チョコや友チョコより、かなり予算をかけるという人が多いようですね。

彼氏には、チョコレートだけでなく、その他にプレゼンも渡すという人が非常に多かったです!

なので、チョコレート自体にかける予算としては思ったよりかなり低かったです。

彼氏にはチョコレートが500円~2,000円位、その他にプレゼントが5,000円~10,000円位でした。

プレゼントの金額に差があるのは、学生や社会人、また年齢によって異なるからです。

学生の方は、チョコレート以外のプレゼントは5,000円位で、バッグやキーホルダーなどの実用的なものが喜ばれるみたいです。

こちらは予算5,000円位のお勧めプレゼントです!

社会人の方はチョコレートの他のプレゼントは10,000円位かける方が多いようで、こちらも筆記用具やネクタイなど実用的なものや、腕時計なんかも人気ですが、少し予算がオーバーしそうですね。

こちらは予算10,000円位のお勧めプレゼントです。

彼氏へのバレンタインのお勧めプレゼントをご紹介いたしましたが、一般的にホワイトデーのお返しは3倍返しとも言われています。

3倍ということは1万円のものをプレゼントすると3万円です。

社会人の方だったら何とかなるかもしれませんが、学生さんだと難しいですよね。

そんなことも考えあまりにも高価なプレゼントを贈るのは相手の負担になってしまうので控えたほうがよさそうです。

スポンサード

本命用チョコレートの予算

それでは、まだお付き合いはしていないけれど本命の彼へのバレンタインの予算はどの位でしょうか?

まだお付き合いをしていなのに、プレゼントを贈るというのは相手の方もびっくりしてしまうと思うので、少し奮発したチョコレートだけを贈るという人が多いみたいです。

それでも金額は2,000円~3,000円位が一般的です。

貰った相手もチョコレートの値段よりも、気持ちが嬉しいですからね。

それにあまり高いものを贈るとお返しに気を遣わせてしまうので、そういったことも考慮して控えめにしましょう。

また最近は彼氏や本命よりも自分へのご褒美チョコに一番予算をかけるという人がとても多いそうです。

そのお値段はなんと4,000円以上・・

チョコレートっておいしいし、甘くて癒されて、疲れも取れますからね~

仕事のちょっとした合間にチョコを食べるだけで作業効率が良くなる気がしますよね!

毎日頑張っている自分へのご褒美に年に1回だけ、こんな高級チョコレートはいかがでしょうか?

職場用チョコレートの予算

いつもお世話になっている職場の方たちへのチョコレートはどの位の予算をかけるのでしょうか?

これは義理チョコになりますのであまりお金をかけるという人は少なかったです。

こちらは500円~1,000円位という人が一番多かったです。

しかし、人数が多い会社なんかだと予算的に厳しいという人もいると思います。

そんな時は300円位のチョコレートにしたり、女性たちで数百円ずつ出し合って、みんなで食べることができる大きなサイズの物を買うという職場もあるようです。

バレンタインは気持ちが大切ですから無理して高価なものを買う必要はないですからね。

夫へはいくらかける?

続いては旦那さんへのチョコレートの金額をリサーチしました!

お付き合いをしている時はチョコレートやプレゼントを買ってプレゼントするという人がとっても多いのですが結婚するとガラッと変わるようです。

チョコレートを買ってプレゼントするという人は1,000円~2,000円位という人が大半ですが、全くあげないという人や、娘さんと手作りをする、、豪華な夕食を作って待っているなんていう人の方が多いようです。

結婚すると日々の生活に追われてしまいがちですから、独身の時のようにチョコレートとプレゼントを用意するというのは難しいかもしれませんね~

しかし、娘さんと手作りをしたり、豪華な夕食を作るなんていうのは、結婚しているからこそできる、とっても素敵なバレンタインの贈り物ですよね~

友チョコの予算は?

それでは最後に友チョコにかける金額について調べていきたいと思います。

友チョコは中高生などが多く行っているそうですが、女友達に渡すチョコレートのことです。

私が学生の頃はそんなのなかったですね~

でも、前の職場では女性の人数が圧倒的に多かったせいか、女性男性関係なくバレンタインにはチョコレートを渡していましたね~

そんな感じのものなのでしょう。

これは、一人一人に買っているととってもお金がかかってしまうので、大袋のチョコを買って渡すか手作りをするという人が多いようです。

なので予算にすると200円~300円といったところではないでしょうか。

うちの娘もバレンタインになるとキッチンを占領して、あまり上手でないチョコレートを大量に作っていましたね~

学生の時はお菓子作りをするということも楽しいのかもしれませんね。

手作りの友チョコのお勧めはこちら

どちらも30個作れるのでコスパはとってもいいです!

まとめ

いかがでしたか?

今回はバレンタインへかける予算についてご紹介いたしました!

本命や義理チョコや友チョコなど色々準備すると結構お金がかかってしまいますね~

彼氏へのチョコレートだったら、金額よりも手作りのものを贈ると喜ばれるかもしれませんね。

私の知り合いのカップルはバレンタインには何が欲しいか彼氏に聞くと毎回「甘いものはいらないから生姜焼き弁当を作ってほしい」といわれるそうです・・・

男性はそんな感じなのかもしれませんえ~

スポンサード

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。