KEIKOの現在と今の病状は?病気が気になる!鼻や子供も調査!

シェアする

【関連記事】

【関連記事】 小室哲哉さんの引退会見で、妻であるKEIKOさんの現在の病状を詳しくお話されてい...
【関連記事】 小室哲哉さんが引退を発表してまだ1日しか経っていませんが、色々な芸能人の...
【関連記事】 小室哲哉さんが引退するという大きなニュースが飛び込んできました! ...
【関連記事】 小室哲哉さんの引退が発表されて数日が経ちました。 芸能人や著名人の方から引...

小室哲哉さんの引退会見が開かれましたね!

何だか小室世代で生きてきた40代としてはとっても寂しく思います。

何も引退することはなかったのでは???

なんて思ったのですが、芸能界でも色々な方が意見を発信されていますね。

もちろん不倫と誤解されるような行動をとったということはよくありませんが、次からはやらないということで、何とか引退だけはしないで欲しかったです・・

音楽の一つの時代が終わってしまったという感じがしました。

会見では奥様のKEIKOさんの現在の病状についてもお話がありましたが、とっても心配ですね。

一体どのような病状なのか、、そして他にも気になることを調べてみたいと思います。

スポンサード

KEIKOの現在は?

小室哲哉さんは会見で現在のKEIKOさんの状況については、1年のうちに2か月、3か月に分けて大分の実家、後は自宅で小室さんやスタッフの方がサポートをするという生活を行っていると語っていました。

KEIKOさんは毎日起きる、食事をする、余暇を楽しんだり、寝るといった日常生活もサポートが必要な状態であるようです。

また今回の不倫騒動についても報告はしたそうですが、LINEによるものだったそうです。

このことからも恐らく現在KEIKOさんは大分のご実家にいらっしゃるということが予想されます。

LINEではKEIKOさんから「わかったよん」といったような返信があったそうですが、どの程度まで理解されての返信だったのかと考えるとなんだか胸が痛みますね。

スポンサード

今の病状は?

KEIKOさんの現在は、小室さんが会見でもお話されたようにくも膜下出血の後遺症で介護が必要な状態ということです。

くも膜下出血の後遺症にはいくつかありますが、主に

・運動の障害(体の片側に麻痺が起こることが多い)
・発声障害や食べ物を上手く飲み込めなくなる
・言語障害
・視覚や聴覚の失認や、ある行動がうまう行えなくなる失行
・人格・精神面の変化

などがあるそうです。

KEIKOさん場合は、身体的な後遺症はなかったものの、「高次脳機能障害」が起きてしまったということです。

まず、「高次脳機能」とは人間だけが持つ高度な脳の働きのことで、注意を払う、記憶する、思考・判断を行うといった機能になります。

その機能に障害がでてしまう症状のことをいいます。

高次脳機能障害は脳のどの部分に損傷を受けたかで症状が変わるそうで、KEIKOさんの症状は

・音楽に興味がなくなってしまった
・欲がなくなってしまった

・ピアノのフレーズを弾いても30秒と聞いていられない
・繰り返し同じ質問をする
・会話のやり取りが続かない
・直近の記憶をなくしてしまう
・大人の女性というより女の子のようになった
・躁鬱でいうと躁の状態が多い

主にこのような症状があるそうです。

2011年の発病直後には、ご自身が歌手であることも忘れてしまっていたそうです。

何だかとっても切ないですよね。

病気が気になる!

そもそもKEIKOさんが患ってしまったクモ膜下出血とは一体どのような病気なのでしょうか?

クモ膜下出血は、脳の血管にある脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)というこぶが破れて出血する病気だそうです。

バットで殴られたような激しい頭痛や、吐き気、意識障害などの症状があるそうです

KEIKOさんが発病したのは39歳でしたが、男性よりも女性が発症することが多く、30~40代という若い年齢で起こりうる病気だそうです。

この病気を発症すると

3割の方は社会復帰できるそうですが、2~3割の方は亡くなってしまい、残りの4~5割の方は何らかの後遺症が残ってしまうそうです。

とっても恐ろしい病気なんですね。

また発症する年齢は50〜60才代の方が多く、男性よりも女性が2倍多いそうです。

高血圧、喫煙、多量の飲酒、遺伝などが危険因子になるといわれています。

しかしこのような危険因子を持っていない人でも発症することもあるそうす。

2012年に当時31歳の若さで星野源さんもくも膜下出血により活動休止をされていましたよね。

星野さんがこのような危険因子を持っていたかは不明ですが、31歳という若さで発病されたというのは当時かなり衝撃を受けた覚えがあります。

星野さんの場合は現在、後遺症もなくバリバリお仕事をこなされているように見えますが、再発の可能性もある病気なので人一倍体調には気を遣われているのではないでしょうか。

鼻について

現在周りのサポートを受けながらリハビリを行っているKEIKOさんですが、KEIKOさんとの様子は時々小室哲哉さんのツイッターで公開されていましたね。

そこでなぜか不思議に思ったのが、いつもKEIKOさんがマスクをしているということです。

最初の頃はてっきりまだ体調が戻っていないのかな・・・なんて思っていましたが、さすがに何年も経過しているのにマスクは不自然です。

マスクをしている理由としては、おそらく以前から噂されていた鼻の整形手術に失敗し陥没しているためと考えられます。

ネット上ではKEIKOさんの鼻の整形について色々と言われていますが、高くするために入れたプロテーゼが合わずに抜いたところ陥没してしまったそうなんです。

しかし、今の状態では鼻の再手術はリスクが伴いますので難しいですよね。

そのためにマスクをして隠しているのではないかと思います。

また、クモ膜下出血の後遺症によってマスクをしているということも考えられます。

先ほどもご紹介しましたが、クモ膜下出血の後遺症の中に発声障害や嚥下障害というものがあります。

これは喉の筋肉が影響を受け、うまく発音ができなくなったり、ものを上手く飲み込めなくなるといったものです。

また言語障害が起こることもあり、もしかしたら口の動きも以前とは違う感じなのかな、、といったことも感じました。

どちらにしても、そのような状態をKEIKOさんが気にしているかは不明ですが、小室哲哉さんが写真を撮るときにはマスクをつけるようにしてあげていたのかもしれませんね。

子供についても調査!

さて小室哲哉さんは会見では、不倫を否定し、KEIKOさんと今後夫婦関係を続けていくということも語っており少し安心しましたが、二人にお子さんはいらっしゃるのでしょうか?

以前KEIKOさんのご実家の大分に帰省された時に、小室哲哉さんとKEIKOさんが小さな女の子のお子さんと手をつないだ画像が公開されていていました。

とっても優しいパパとママといった感じの写真だったので、お二人のお子さんなのかと思いましたが、この女の子はKEIKOさんの姪っ子さんということでした。

調べたところ小室哲哉さんとKEIKOさんの間にはお子さんはいらっしゃらないそうです。

しかし小室哲哉さんは以前の奥様であるAsamiこと吉田麻美さんとの間に、女の子のお子さんがいらっしゃいます。

お名前は、琴梨(ことり)といって現在は高校生のようです。

事実かはわかりませんが、小室哲哉さんは当時ご自身のお子さんにも愛情がわかなかったと言われています。

小室哲哉さんとKEIKOさんがお子さんを作らなかったのか、恵まれなかったのかは不明ですが、元々子供が好きではないということも考えられますね。

まとめ

今回は、KEIKOさんの今現在の様子や、病状について調べてみました。

小室哲哉さんの引退というのはかなり衝撃的でしたが、不倫騒動だけが原因ではなく、小室さんご自身の健康状態もとっても悪いみたいです。

小室さんは介護に疲れたといったような発言もされていましたから、相当辛いんだな・・・ということは察することができましたね。

不倫を疑われるようなことをするのは良くありませんが、小室さんが精神的に疲れてしまっていたというのも痛いほどわかります。

まずはたっぷり休息を取り、病気を治して、KEIKOさんとしっかりと向き合えるようになってほしいですね!

スポンサード

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。