橋本雅子は元おきゃんぴー?娘や元夫が気になる!ちぎり絵や呼吸法も調査!

シェアする

【関連記事】

【関連記事】 元女性お笑いコンビおきゃんぴーの阿本真亜子(あもと まあこ)さんが2月2日に放送される、「爆報!...
【関連記事】 2015年のミスフラジャパンに輝いた橋本実優(はしもと みゆう)さんがとても美人と話題になってい...

2月2日に放送される「爆報!THE フライデー」にちぎり絵作家で呼吸法のインストラクターでもある橋本雅子さんが登場されます。

橋本雅子さんは、元お笑い女性コンビであったという過去の持ち主です!

ちぎり絵作家、呼吸法インストラクター、お笑い芸人、全て普通の人が経験しないようなお仕事ばかりですね。

また現在の橋本雅子さんのイメージからは昔お笑い芸人だったなんて全く想像もつきません。

一体どのようなコンビだったのでしょうか。

今回は橋本雅子さんについて調べていきたいと思います。

スポンサード

橋本雅子は元おきゃんぴー?

橋本雅子さんは、1985年に結成された「おきゃんぴー」というコンビの阿本真亜子さんです。

相方は、中野麻里子さんという方で既に引退をしていらっしゃいます。

所属事務所は太田プロダクションで、「オレたちひょうきん族」など当時レギュラー番組を10本以上も持っていた人気のコンビだったそうです。

そんな人気絶頂の時に、相方の中野麻里子さんの「就職したい」という希望によりコンビを解散することになったそうです。

解散後は中野さんは芸能界引退し扶桑社に入社したそうです。

橋本雅子さんは、事情がありしばらくはリポーターやラジオ、テレビドラマなどの仕事を続けなければなりませんでした。

一体どんな事情があったのでしょうか?

スポンサード

娘はとっても美人なフラダンサー

橋本雅子さんは、おきゃんぴー解散後にお付き合いしていた男性の子供を妊娠します。

雅子さんは子供を産む決心ができていましたが、男性には結婚する意志がなかったそうなんです。

ひどい話ですよね~

無責任にもほどがあります。

そこで橋本雅子さんは、妊娠中にも関わらずリポーターやラジオの仕事をして出産費用や育児費用を貯めていたのです。

なんと200万円ものお金を貯めることができたそうですよ!

そして産まれた娘さんは、現在25歳くらいに成長されています。

お名前は橋本実優さんと言って、日本一のフラダンサーの方なんです!

Mom & Grandma‼︎ . #familyphoto

miyuu714さん(@miyuu714)がシェアした投稿 –

一緒に写っているのが、橋本雅子さんですよね。

座ってらっしゃるのは雅子さんのお母さんなのでしょうか。

小さい頃からフラダンスを始め、全日本フラ選手権のミスフラジャパン2015に輝いたそうです!

フラダンスは橋本雅子さんがハワイが大好きという理由で元々は親子で習い始めたそうでうす。

しかし、実優さんの大学進学と合わせて金銭的な理由から雅子さんはフラダンスを辞めたそうです。

フラダンスってそんなにお金がかかるの?という風に思いましたが、月謝の他にも、ワークショップや、舞台ごとの衣装代、交際費、実際に舞台を観て勉強するための費用なんかもかかるそうです。

それは大変ですよね、大学でも相当お金がかかりますからね、その上フラダンスで二人分は無理です!

夢を娘に託して見事それに応えたということなんでしょうね~

本当に良かったですよね!

元夫が気になる!

橋本雅子さんは、シングルマザーとして実優さんを育てていたのですが、金銭的にとても苦労をされたそうです。

事務の経験がない橋本さんはワープロができず、また資格もないためハローワークへ行ってもなかなか仕事が見つからなかったそうです。

何とか決まった飲食店でのお仕事も体調を壊し1か月で辞めてしまったこともあるそうです。

またお子さんが小さいうちは保育園に預けられる時間が限られていて思ったように稼ぐことができない・・・

そんな状況で生活費が足りない日々が続いたそうです。

しかしその後呼吸法のインストラクターとして徐々に安定してきた38歳位のときに橋本さんはご結婚をされたそうですが、7年後には離婚しています。

一体どのような男性だったのでしょうか。

お相手の方は一般の方のようでお名前などは公表されていません。

しかし、橋本さんに隠れて借金を作ってしまうような人だったそうで、橋本さんが少しずつ貯めた貯金を切り崩して生活しなければならなくなったのです。

そんなことをしているうちに貯金は底をつき貧乏な生活へと戻ってしまったそうです。

そんな男とは離婚してよかったですよね。

ちぎり絵や呼吸法も調査!

現在橋本雅子さんは、ちぎり絵作家、呼吸法の講師として活動されています。

どちらも普段あまり馴染みのないものですので、どのようなものなのかを調べていきたいと思います。

ちぎり絵作家

橋本雅子さんがちぎり絵を始めたのが2000年、38歳頃のことです。

きっかけは、ご友人と渋谷にある日本料理店にランチへ訪れたところ、店内に入って目に飛び込んできたのがちぎり絵だったそうです。

とても衝撃を受けたんでしょうね。

その瞬間に「これだ! 和紙で絵を描く!!」とご自身でちぎり絵をやってみようと決心したそうです。

そこですぐにお店にあったちぎり絵の作家さんと連絡を取り指導してもらったそうです。

すごい行動力ですね、それだけちぎり絵に対する思いが強かったということなんでしょうね。

しかしその作家さんの手法が合わず、橋本雅子さんは独自の手法でちぎり絵を続けていくことにしたそうです。

その方法というのは、大体の下書きをの絵を描いてから、のりと水を混ぜながらちょうどよい固さに練り上げ、それでちぎった和紙を貼っていくというものです。

通常はこのような作り方はしないのだそうです。

このようにすることによって、和紙のそれぞれの色を微妙に調節でき、表現したい色がどんどん出せたそうです。

通常ちぎり絵は、花や小鳥、風景など日本的な物を描くことが多いのですが、橋本雅子さんは大好きだったハワイや、フラダンサー、ハワイの風景などをご自身の手法で表現することができたそうです!

とっても素敵ですよね~

呼吸法のインストラクター

橋本雅子さんは呼吸法のインストラクターでもあります。

この呼吸法は「あろは〜呼吸法」というもので、もともとは元オリコンの社長である小池聰行さんに習った呼吸法にご自身でアレンジを加えたものだそうです。

橋本さんが実優さんを出産した後は、橋本さんご自身の体調も悪く、実優さんも重度のアトピーだったということに加え、お金もなく不幸のどん底だったそうです。

そんな時に知人であった小池聰行さんに作詞の勉強をしないか誘われたそうです。

しかし、行ってみた教室では作詞の勉強はせずに呼吸法や食事法を教えられたそうなんですが、続けるうちに体調がよくなり作詞もできるようになったそうです。

「世界一不幸な母子家庭」と思っていたのが「日本一幸せな母子家庭」と思えれるようになったくらい精神状態も改善されていきました。

そんな橋本雅子さんの呼吸法を習いたいという人が増え、インストラクターになったそうです。

2017年には本も出版していらっしゃいます。

まとめ

今回はちぎり絵作家で呼吸法トレーナーでもある橋本雅子さんについて調べてみました!

とっても波乱万丈な人生ですよね。

現在は経済的にも安定され、お子さんも立派に育ちお仕事もされているようですからこれからはご自身のためだけに好きなことをして人生を楽しんでいってほしいですね!

スポンサード

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。