古村比呂の現在の旦那や息子が気になる!顔ダニや足についても調査!

シェアする

女優の古村比呂さんが、がんが再々発していたことを発表されました。

早期の発見だったということで1月から抗がん剤治療を始めたそうです。

最初にがんが発覚したのが2011年、子宮頸がんでした。

その後2017年3月に4か所に転移し、8か月後の11月に肺とリンパ節にへ転移が見つかり治療を開始したそうです。

そんな古村比呂さんですが、現在に至るまでがんの辛い闘病生活だけでなく謎の病にも苦しめられてきたそうです。

それは一体どのようなあものだったのでしょうか。

また古村比呂さんのご家族についても調べていきたいと思います。

スポンサード

古村比呂の現在の旦那は誰?

古村比呂さんは1992年に俳優の布施博さんとご結婚されています。

布施博さんと言えば「抱きしめたい!」「スウィート・ホーム」などに出演されトレンディドラマには欠かせない存在でしたね。

古村比呂さんと布施博さんは当初はおしどり夫婦としても有名でした。

そんなお二人が離婚したのは2009年のことです。

離婚の理由については、布施博さんの劇団員の女性との不倫があり関係が悪化していたところに、古村比呂さんのご両親の介護問題などが重なったためと言われています。

布施博さんとの離婚から9年ほど経過していますが、その後古村比呂さんが再婚されたという情報はありませんでした。

現在は独身であるということになります。

しかし、治療する上でもお一人だと何かと不安もあることと思いますので、今後良いパートナーが見つかるといいですよね。

スポンサード

息子が気になる!

古村比呂さんと布施博さんとの間には3人の男のお子さんがいらっしゃいます。

1992年に長男、1993年に次男、1997年に三男が誕生していますので、現在は25歳、24歳、20歳くらいだと思われます。

親権は3人とも古村比呂さん持っているという情報や、三男のお子さんだけを古村比呂さんが持っているという情報もありどちらが正解かはわかりません。

しかし3人とも一緒に暮らし育てているのは古村比呂さんです。

シングルマザーとして3人のお子さんを育てながら病気とも戦ってきたということになります。

とっても大変ですよね。

ちなみに離婚した布施博さんですが、2012年に14歳年下の劇団員の女性と再婚をしています。

お名前は井上和子さんという方だそうです。

古村比呂さんと布施博さんの離婚の原因ともなった不倫相手の劇団員ではないかとも言われているそうです。

そんな布施博さんと井上和子さんが「行列のできる法律相談所」に夫婦で出演し、古村比呂さんを大変怒らせてしまったそうなんです。

その一つが、親権を持つ古村比呂さんの許可も取らずに息子さんの画像を公開したそうです。

その時三男のお子さんは高校受験を終えたばかりの難しい年ごろだったため古村さんはとても心配されたそうです。

その上、井上和子さんが布施博さんへの感謝の気持ちを伝えるために読んだ手紙では

「3人は私の子供ではないけど、とても愛おしい。子供たちがいつ泊りに来てもいいようにと用意している部屋も、ほとんど使ったことがないけれど、もう少しこのままにしておきましょう」

と・・古村比呂さんからしたら勝手に画像を公開された上に、プライドを踏みにじられるような現妻の発言。。

本当に許せませんね。

古村比呂さんも相当激怒していたそうです。

古村比呂さんを襲った顔ダニとは?

古村比呂さんは2014年頃に顔に湿疹ができてしまい皮膚科へ行ったそうです。

病院では花粉のアレルギーと診断され薬を処方されました。

しかし症状は改善されず、顔に風が当たるだけでも痛みが出るほどまで悪化したそうです。

湿疹がひどいためお化粧ができず常にマスクをする日々。

そこで古村比呂さんは「爆報!THEフライデー」という番組を通じて皮膚科専門医の診察を受けることにしたそうです。

そこで古村比呂さんを苦しめてきた湿疹の原因が明らかになったのです。

その原因は「顔ダニ」、正式には「毛包虫性挫創(もうほうちゅうせいざそう)」というそうです。


画像引用:http://wha2up.com/

この顔ダニは毛穴や皮脂腺に元々住んでいる「毛包虫」というダニだそうです。

顔全体で400万匹もいるそうなのですが、この毛包虫が異常増殖することによって発症します。

通常は肌のpHを保つ役割をするようなのですが、間違ったスキンケアにより異常増殖すると言われています。

また古村比呂さんの場合は癌の手術を受けたことから体力が低下していた事ももしかしたら原因のひとつかもしれませんね。

その後古村比呂さんは適切な治療を受け元通りの美しい肌を取り戻したそうです。

足についても調査!

また古村比呂さんは癌の後遺症によりリンパ浮腫にも悩まされていたそうです。

リンパ浮腫とは手足がむくんでしまう病気です。

このリンパ浮腫はがんの手術でリンパ節を取り除いたり、放射線治療によってリンパの流れが悪くなることにより発症することが多いそうです。

3年間もの間むくんだ足に悩まされながらもお仕事を続けてきたそうです。

画像引用:http://www.livenan.com/

「爆報!THEフライデー」では古村比呂さんがリンパ浮腫の治療についても紹介されたそうです。

この手術はLVA手術という新しい治療法で、0.02ミリの糸で縫い合わせるという難手術で費用も70万円と超高額だったそうです。

無事手術を終えた古村比呂さんは今まで履けなかったパンプスが履けるようになったそうです。

番組では心配そうな息子さんたちの様子も、流れたようですね。

リンパ浮腫を無事乗り越えたことでさらに親子の絆が深まったのではないでしょうか。

まとめ

今回は女優・古村比呂さんについてご紹介いたしました。

しかし離婚してシングルマザーとして子育てをして、子宮頸がんや謎の病に苦しめられ、その上再発を繰り返すなんて、古村比呂さんが不憫でなりません。

古村さんに限らず離婚後苦労するのは女性ばかりという感じがしてなりません。

夫婦の問題は本人たちにしかわからないことだとは思いますが、古村比呂さんが病気で大変なことは布施博さんもご存知なはずです。

それにも関わらず今の奥さんと一緒にテレビに出演し古村さんとの間の子供の事を話題にできる無神経さがちょっと信じられませんね。

スポンサード

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。