ホワイトデーのお返しの意味とは?マシュマロと飴(キャンディー)を解説!

シェアする

【その他のお菓子の意味についてはこちらです↓】

【その他のお菓子の意味についてはこちらです↓】 今年のホワイトデーにはどのようなものをお返ししますか? ...
【その他のお菓子の意味についてはこちらです↓】 ホワイトデーにどのようなお菓子をお返しするのが良いと思いますか...

ホワイトデーと言えばどんなお返しが思い浮かびますか?

私の時代はバレンタインデーと言えばチョコレートで、ホワイトデーと言えば飴でした。

これには女性の私にとってかなり不服でした。

だって飴とチョコレートだったらチョコレートの方が断然好きだし、他にもおいしいお菓子がたくさんあるのに何で飴???

しかし最近では色々なホワイトデーのお返しが売られていますね。

特にこのお菓子でなければならないと決まりのようなものはないみたいです。

しかし!ホワイトデーのお返しには隠された意味があるようです!

こういうの私も学生の頃は気にしてましたね~

今は何でもおいしければいいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

しかし相手の女性が、お返しの意味を気にしないとも言い切れません。

事前にホワイトデーに贈るお菓子の意味を知ることで相手を悲しませたり、変な期待を持たせないようにしておいた方が安心です!

ホワイトデーにお返しを貰ったけどどんな意味が込められているんだろう・・・とお悩みの女性もぜひ参考にしてみてください!

今回はそんなホワイトデーのお返しの定番であるマシュマロと飴(キャンディー)編をご紹介します。

スポンサード

ホワイトデーのお返しの意味とは?

ホワイトデーのお返しには色々なものがありますね。

マシュマロ・クッキー・飴・チョコレート・小物など・・・何でもアリと言えばアリです。

私は甘いものは何でも好きですからクッキーやチョコなんてとっても嬉しいですし、アクセサリーなんかも、とってもテンションが上がります。

このようなホワイトデーのお返しには色々と意味があるのですが、その前にホワイトデーがどのようにして誕生したかを見ていきたいと思います。

ホワイトデーの起源

ホワイトデーは日本で誕生したもので、現在は中国・台湾・韓国などの一部の東アジアでは定着しているようですが、欧米では行っていない行事です。

ホワイトデーの起源は諸説ありますが、すべて日本の企業が考えたものになります。

①洋菓子の「不二家」とマシュマロで有名な「エイワ」によるもの

日本でバレンタインデーが定着していき、お返しをする日を作ってはどうかという案が菓子業界の中で持ち上がっていました。

これを受けて不二家が「リターン・バレンタイン」という名称でバレンタインのお返し用の販売を開始。

1973年にエイワと協力をして3月14にマシュマロを販売するキャンペーンを始めたのが起源。

②鶴乃子で有名な「石村萬盛堂」によるもの

石村萬盛堂の社長は、バレンタインデーのお返しにマシュマロでも贈ってほしいという女性の気持ちが書かれた雑誌を目にしたそうです。

鶴乃子は黄身餡をくるんだマシュマロですが、お返し用にチョコレートをくるんだマシュマロを売り出すことにしました。

当初は 「マシュマロデー」と呼ばれており、福岡の百貨店である岩田屋のアドバイスで、当時大型のイベントがない3月14日に設定され1978年に開始たのが起源。

1980年代から名称がホワイトデーに変わっています。

③「全飴協」によるもの

全国飴菓子工業協同組合は、1978年に「キャンディを贈る日」として3月14日をホワイトデーと制定。

2年後の1980年より三越・電通の協力も得てイベントやキャンペーンをスタートさせたそうです。

なぜ3月14なのかというと、昔兵士の自由結婚禁止政策にそむいて結婚しようとした男女がいました。

その男女を救うために西暦269年2月14日にバレンタイン司教が殉教してしまったのです。

しかし一か月後にその2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われているため。

また日本において初めて飴が製造されたとされる日が3月14日前後であると古事記および日本書紀で言い伝えられていためだそうです。

なるほど・・・

ホワイトデーのお返しは、飴が一般的だと思っていた私は③の説をどこかで聞いたのかもしれませんね。

しかしホワイトデーのお返しといえばマシュマロ!という説もあったのは始めて知りました。

でもそのように思っている人の方が多いのかもしれませんね~

では続いてマシュマロと飴に込められた意味についてご紹介いたします。

スポンサード

マシュマロにはどのような意味がある?

ホワイトデーでマシュマロを贈る意味も何通りかあるようです。

一つ目は、先ほどご紹介したホワイトデーの起源②の「石村萬盛堂」が作ったチョコレートを包んだマシュマロにはある意味が込められていたんです。

その意味とは、「バレンタインでもらったチョコレートを優しさに包んでお返しをする。」というものです。

優しさというのがマシュマロという意味なんですね~

これはとっても素敵です。

二つ目は、マシュマロは押したりしても簡単に割れないですよね。。

ということで「二人の愛は簡単に割れない。」という意味。

ここまでマシュマロはいい意味ばかりですが、、悪い意味もあるそうなんです。

三つ目は、マシュマロは味気がなくパサパサしていてすぐに溶けて食べ終わることから、「あまり興味がなくて関わりたくない」といった意味もあるそうなんです!

これには驚きですが、しかし三つ目に関しては大丈夫です。

パサパサしていないおいしいマシュマロを選べば問題ないですよね。

飴(キャンディー)に込められた意味は?

それではこちらもホワイトデーの定番である飴に込められた意味についてご紹介します。

飴は口の中に入れて長く味を楽しむことができます。

そういったことから「ずっとあなたが好き」という意味が込められています。

また飴も思いっきり踏みつけでもしない限り固くて割れませんよね。

ということで飴にも「二人の愛は簡単に割れない。」という意味もあります。

飴のお返しで悪い意味は聞きませんので、好きな人へのホワイトデーのお返しは飴を贈るのがベストかもしれません。

また飴には味によって意味も変わってきます。

これは果物にも花言葉(果物言葉)があり、それに由来したものです。

●イチゴ・・・幸福な家庭・愛情
●オレンジ・・・純粋・子孫繁栄
●バナナ・・・風格
●ブドウ・・・酔いしれる・信頼
●みかん・・・花嫁の喜び・清純
●もも・・・私はあなたの虜
●リンゴ・・・選ばれた恋・最も美しい人へ
●レモン・・・誠実な愛・情熱
●メロン・・・裕福・豊富

いかがですか?

本命の女性にはリンゴやレモンの飴をお返しするというのがいいかもしれませんね。

まとめ

今回はホワイトデーにお返しするお菓子の意味についてご紹介いたしました。

マシュマロは良い意味も悪い意味も、飴には良い意味しかありませんが、お付き合いしている彼女へのお返しは何が欲しいか聞いて喜ぶものをプレゼントするのが一番なのかもしれません。

しかし、まだ付き合い始めてない女性や、友達以上は考えられない女性へのお返しは意味もきちんと考えた上で選ぶことをお勧めします!

スポンサード

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。